日本人は人間味がなく、冷たい? 「それは誤解だ! なぜなら・・・」=中国

日本人は人間味がなく、冷たい? 「それは誤解だ! なぜなら・・・」=中国

日本ではあまり親しくない関係のうちにプライベートなことに踏み込むのは失礼とされるが、中国では年収などプライベートなことを人に聞くのは大きな問題ではない。(イメージ写真提供:123RF)

 日本人と中国人では人付き合いに対する考え方が違っていて、人と人の「距離感」も大きく違っている。日本では「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があるとおり、どれだけ親しくとも最低限の礼儀は必要とされるが、中国では親しい間柄で礼儀にこだわるのは「他人行儀」と映り、気分を害す場合もある。

 また、日本ではあまり親しくない関係のうちにプライベートなことに踏み込むのは失礼とされるが、中国では年収などプライベートなことを人に聞くのは大きな問題ではない。こうした違いがあるためか、中国人としては日本人と人間関係を構築するのが難しく、日本社会は「人間味がなく、冷たい社会」と感じられるようだ。

 中国メディアの快資訊はこのほど、中国人から見ると「日本人は本当に冷たい人びとに見えがち」だと指摘する一方、実際には「日本社会や日本人は冷たいわけではない」と伝えている。

 記事は、日本では「地下鉄などで見知らぬ人同士が会話することはなく、街中でも日本人は黙々と歩いている」とし、何か近寄りがたい雰囲気があると紹介。また、中国のように「入社して数日の女性の同僚に男性を紹介する」といったことも日本ではありえないことで、結婚していない妙齢の男女がいてもお節介を焼く人はほとんどいないのが現状だと紹介。中国人からすると日本の人間関係は「距離が遠い」ように感じられ、「日本社会は冷たい」と感じられると論じた。

 さらに、中国人留学生が日本で体験したエピソードを紹介。この留学生は日本語学校の教師と個人的に仲良くしていて、中国に一時帰国した際にもお土産を渡すなど良好な関係を築いていたという。ある日、学校の授業に大幅に遅刻してしまい、「欠席扱い」になってしまったという留学生は、出席率が一定の割合を下回ると奨学金がもらえなくなることを懸念したが、その日の授業は仲の良い教師が担当だったため、安心していたそうだ。

 留学生は仲の良い教師に「欠席扱い」ではなく、あくまでも遅刻扱いにしてほしいと頼んだが、教師にきっぱりと拒絶され、留学生は「日本人は冷たい」という思いを新たにしたと紹介した。

 だが記事は、「これは中国人や中国社会の問題を反映したエピソードだ」と指摘し、中国では人間関係を背景とした不正が多すぎるが、日本のように成熟した社会では人間関係が介入できる余地は小さいと強調。実際に日本の街中で日本人に道を尋ねれば、誰もが道を教えてくれるし、貴重品を落としてもちゃんと手元に戻ってくるとし、日本社会や日本人は冷たいのではなく、「秩序」を大切にしているのだと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)