同じ建設現場でも日本と中国は全然違う!「一方はごみポイ捨て、一方はごみ掃除」=中国メディア

同じ建設現場でも日本と中国は全然違う!「一方はごみポイ捨て、一方はごみ掃除」=中国メディア

中国人が日本の建設現場を見るとあまりの違いに驚くのだという。中国メディアは、日本の建設現場では作業員がごみを捨てるどころか、現場内や周辺の清掃までしていると称賛する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 経済成長が続く中国では今でもいたる場所で商業ビルやマンション、各種インフラ施設などの建設工事が行われている。中国のビルやマンションはもはや先進国のものより豪華で立派に見えるが、こうした建物も完成前の現場は「ごみだらけ」であり、周囲への配慮があまり見られないのが普通だ。

 それゆえ、中国人が日本の建設現場を見るとあまりの違いに驚くのだという。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国の建設現場といえば「あらゆるごみが散乱」しているのが普通であり、しかも、そのごみは建設作業員が捨てたものであることを指摘する一方、日本の建設現場では作業員がごみを捨てるどころか、現場内や周辺の清掃までしていると称賛する記事を掲載した。

 記事は、日本の工事現場で周辺の道路を清掃している作業員を撮影した動画を紹介し、「日本では作業員が水を撒いて、泥や埃で汚れた道路を洗い流している」と紹介。また、一般の歩行者に対して注意を促すカラーコーンは等間隔に設置され、カラーコーンには標識ロープが途切れることなく結び付けられていたと指摘し、こうした秩序ある現場は中国人の目には「規範」として映ると論じた。

 続けて、日本の現場作業員はなぜ「規範」となるような現場で作業することができるのかと疑問を投げかけつつ、これは民度の問題ではなく、「ルール」や「規定」のおかげであると主張。しかし、中国の建設現場にも「ルール」や「規定」は存在するのに、日本の工事現場のような清潔さや秩序は実現できていないのが現状であると強調した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)