日本人は今も和服を着るのに・・・中国人はなぜ漢服を着ないのか=中国メディア

日本人は今も和服を着るのに・・・中国人はなぜ漢服を着ないのか=中国メディア

日本を訪れる中国人観光客たちは、日本の街中で着物姿の女性を見かけることがあるようで、中国メディアは「日本で和服は好んで着られている」と指摘。和服は素材とする生地の種類が多いだけでなく、そのデザインも非常に精密で美しいので、「多くの女性が着たくなるのも当然だ」と主張した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本にも中国にもそれぞれ伝統衣装がある。日本であれば和服や着物であり、中国であれば漢服が該当するだろう。中国メディアの快資訊は10日、日本の着物は今でも日常的に着用されているが、中国の漢服はなぜ日常に浸透していないのかと問う記事を掲載した。

 日本を訪れる中国人観光客たちは、日本の街中で着物姿の女性を見かけることがあるようで、記事は「日本で和服は好んで着られている」と指摘。和服は素材とする生地の種類が多いだけでなく、そのデザインも非常に精密で美しいので、「多くの女性が着たくなるのも当然だ」と主張した。また、着物は美しさだけでなく、「形や絵柄によって表す意味が異なり、女性は自国の文化の一部として着物を身に着けている」と説明した。

 しかし、これは中国の漢服が美しくないという意味ではないとする一方、「ただ中国は近年、西洋諸国の影響を大きく受けて、中国伝統の衣服を着る機会が失われてしまった」と主張。中国人の若者たちの間で、祝祭日などに漢服を着て街を歩くことが流行しているが、「正式な場面で漢服を着る人は非常に少ない」と指摘した。

 また、個人的な意見としては、中国人の日常に漢服が浸透していない原因について、「漢服の生産技術が成熟しておらず、規模も小さいため」ではないかと主張したほか、価格も安く、素材の布や刺繍や色合いなど細部にはこだわりがないゆえ、せいぜい写真を撮るためにレンタルして着る程度にとどまっていると指摘した。

 今後、もっと質の良い漢服が生産できるようになり、外国にもうまくアピールできれば、人びとの反応も変わってくるかもしれない。美しい漢服を纏った女性が中国の歴史ある街並みを歩く姿は絵になり、非常に映えるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)