痛車文化・・・それは、慎み深く自制的な日本人が個性を主張した結果だ!=中国メディア

痛車文化・・・それは、慎み深く自制的な日本人が個性を主張した結果だ!=中国メディア

中国メディアは、「痛車文化は日本起源であり、AGCN(アニメ・動画・マンガ・小説)文化の一種だ。日本ではACGN文化を愛する人たちが、自分の個性を示すため、好きなアニメキャラクターなどを自らの車の上にペイントするのである」と紹介した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は14日、「日本の二次元の『痛車文化』、中国国内で真似しようとする勇気がある者はいるか?」とする記事を掲載した。

 記事は、「痛車文化は日本起源であり、AGCN(アニメ・動画・マンガ・小説)文化の一種だ。日本ではACGN文化を愛する人たちが、自分の個性を示すため、好きなアニメキャラクターなどを自らの車の上にペイントするのである」と紹介した。

 そして、「痛車」の語源が「視線が痛い」という日本語にあるとし、「視線が痛い」というのは他人と違うことをして周囲から奇異の目で見られて気まずい思いを感じることだと説明。「一般の人から見ると視線が痛いというのは完全に理解できる。それゆえ、この伝統的な日本語がこのクルマの概念に用いられたのだ」と伝えている。

 また、車のボディに描かれるのは人気のある2次元キャラクターであり、愛好者は外装だけでなく内部の座席などにも細やかなデコレーションを施すことによりアニメ作品やキャラクターに対する愛情を示すとし、数百万円を費やして「痛車」を完成させる人さえいると紹介した。

 さらに、初期の「痛車」は車のボディに直接ペイントをしていたが、最近ではカラーの大きな絵をプリントアウトする技術が発達し、ボディに簡単に貼り付けられるようになったと指摘。寿命は1、2年ほどと短くなるが「一般的に、1年も経てば図柄を換えたくなるものだ」としている。

 記事は最後に「痛車文化」について、「慎み深く自制的である反面、個性を追求しようとする矛盾した日本人の性格が表れている」と評した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)