日本に留学したら、中国同様学生寮に入る・・・わけではなかった!=中国メディア

日本に留学したら、中国同様学生寮に入る・・・わけではなかった!=中国メディア

日本にも留学生宿舎を備える大学は存在するが、その数は決して多くない。この点は、どの大学にも宿舎がある中国とは大きく異なる。中国の大学は勉学と居住の環境が整い、大学自体が1つの小さな街のようなイメージなのだ。(イメージ写真提供:123RF)

 中国では大学生は学校内の宿舎で他の学生たちと共同生活を送るのが一般的だ。外国人留学生も基本的にはキャンパス内の留学生寮に寝泊りすることになる。中国メディア・東方網は18日、「日本の留学では、学校の寮以外にもいろいろな住み方がある」とする記事を掲載した。

 記事は、「日本留学は中国の学生の間で1つのトレンドになりつつあり、毎年多くの学生が日本に赴いている。日本留学での『住み家』には、次のような方式がある」とし、その方式を紹介した。

 1つめは、中国では当たり前の学生宿舎、学生寮だ。日本にも留学生宿舎を備える大学は存在するが、その数は決して多くない。この点は、どの大学にも宿舎がある中国とは大きく異なる。中国の大学は勉学と居住の環境が整い、キャンパス内やその付近に生活用品を売る店も数多く存在することから、大学自体が1つの小さな街のようなイメージなのだ。

 2つめは、政府や自治体あるいは民間団体が運営する学生交流会館を挙げた。「設備は良好で費用も低廉だが、入居できる人数と入居資格に制限がある。各学校、各国籍の学生と交流できることもあって人気があるが、申請が難しいうえに入居期間に制限がある」と説明している。

 3つめは、企業の従業員宿舎だ。「日本ではここ数年、留学生が企業の従業員宿舎に居住できるよう手配する動きが出ている。現時点ではまだ充実してはおらず、一部の優秀な学生にに限られているが、この宿舎が持つ最大のメリットは、大学に通いながらにして日本の企業関係者と接触できることだ」と紹介した。

 そして最後に、日本では最もポピュラーである、自分で部屋を借りて住む方法を紹介。日本で部屋を借りる際には連帯保証人が必要であり、留学生は通常仲介業者を探すことになるほか、家賃以外に敷金礼金や管理費などが必要になることを説明した。さらに、アパートやマンションなどの一般的な賃貸に加えて下宿やホームステイといったスタイルもあるが、「日本人は原則として他人が自らの生活に介入することを良しとしないため、特に大都市ではあまり見られない」と伝えている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)