中国人には理解できない? 日本人が軽自動車に乗る理由=中国メディア

中国人には理解できない? 日本人が軽自動車に乗る理由=中国メディア

中国人のデザイン感覚から言っても「角ばった箱型の車」は美しく見えないという人は多い。しかも、中国ではワゴンや箱型の自動車は乗用車ではなく荷物を運ぶために使用されるケースも多いため、中国ではワゴン型の小さな車はまったくと言って良いほど人気がない。(イメージ写真提供:123RF)

 急激な経済発展とともに、中国では多くの人がマイカーを所有するようになった。中国人は面子(メンツ)を非常に気にするため、より大きく、より見栄えの良い車に乗りたいと考える人は多い。それゆえ、現在はSUVなどの人気が非常に高いのだが、日本を訪れた中国人は「日本ではワゴン型の軽自動車」が多いことに驚くようだ。

 中国メディアの今日頭条は14日、「日本人の収入は中国人よりも多いにもかかわらず、なぜ日本人は軽自動車に乗るのか」と疑問を投げかける記事を掲載し、その理由について紹介している。

 中国人のデザイン感覚から言っても「角ばった箱型の車」は美しく見えないという人は多い。しかも、中国ではワゴンや箱型の自動車は乗用車ではなく荷物を運ぶために使用されるケースも多いため、中国ではワゴン型の小さな車はまったくと言って良いほど人気がない。

 では、なぜ中国よりも所得水準の高い日本では多くの人がワゴン型の軽自動車に乗っているのだろうか。その理由として記事は、「実用的」であることを紹介。車内空間が広いワゴン型の自動車は、趣味の道具や購入したもの、そして、人が乗るにも非常に便利であると紹介した。続けて、日本では軽自動車を購入するのにかかる初期費用やその後の維持に必要なランニングコストが非常に少なく済むため、日本人の多くがワゴン型の軽自動車に乗るのも納得のいくことだと分析している。

 近年では中国でも電気自動車を多く見かけるようになり、エコに人びとの関心が向くようになってきている。だが、面子を気にする人も大勢いるため、大型の高級車が人気なのだが、面子を考えて生活していかなくてはならないのは「非常に大変」なことだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)