満州事変から87年が経過したが「日本と中国には直視すべき差が存在する」=中国メディア

満州事変から87年が経過したが「日本と中国には直視すべき差が存在する」=中国メディア

中国メディアは、満州事変の発端となった柳条湖事件が発生した9月18日、あえて日本が進んでいる5つの分野を紹介し、中国との差を直視するように勧めた。(イメージ写真提供:123RF)

 9月18日は満州事変の発端となった柳条湖事件が発生した日であり、中国では「国恥記念日」と制定され、毎年さまざまな関連行事が行われるほか、中国の各都市でサイレンが鳴らされる。中国メディアの今日頭条は18日、「満州事変から87年が経過したいま、日中の差はどれほどか」と題する記事を掲載した。

 記事は、満州事変後の中国は14年にわたって日本に蹂躙されたと主張。この屈辱の歴史を永遠に忘れてはならないと強調しながら、中国は戦後大きな復興を見せたと主張している。とはいえ、国内総生産(GDP)でも日本を超えた中国だが、現実には高度に発展した文明という観点では日本に遠く及ばないのが事実だという。記事は、日本が進んでいる5つの分野を紹介し、中国との差を直視するように勧めた。

 最初に挙げたのは「経済」だ。中国は日本よりも25倍の国土面積を持ち、10倍の人口を抱えているが1人当たりのGDPでは大きな差があると指摘。特に工業製造、金融、技術の3つで大きな差を付けられているという。2つ目は「現代化」で、日本は世界をリードしているという。インフラが整備されているため、日本は人口密度が高いにもかかわらず交通がスムーズだ。都市部と農村部の生活水準の差ほとんどなく、この点は中国と大きく異なると指摘した。

 3つ目は「環境保護」。日本には森林が多くてどこもきれいで、食事や電気、交通など、ありとあらゆるところに省エネが見られると称賛している。4つ目は「社会に秩序が見られること」。世界で最も公平な国で、社会主義国のようだと言われることさえあると紹介した。そして最後には高い「民度」をあげた。礼儀正しく、信用を重視し、自分に厳しく、団結力があるからだという。

 日本から受けた恥を忘れないと言いながら、中国ではなぜ日本との差を意識するのだろうか。記事の中国人筆者は日本との格差について理性的に知っておくことで、今後中国が人口やソーシャルメディアなどの利点を利用して日本に追いつき追い越すための準備ができると主張している。中国人としては、憎しみをばねにして成長したい考えのようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)