サッカーだけじゃなかった! 今度は別の「日本代表」がロッカールームで賞賛を浴びた!=中国メディア

サッカーだけじゃなかった! 今度は別の「日本代表」がロッカールームで賞賛を浴びた!=中国メディア

中国メディアは、近ごろイタリアのスポーツメディアが掲載した1枚の写真付き記事が、多くのスポーツファンに注目されたと紹介した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は20日、「日本代表」が再びロッカールームの使い方を巡って世界で賞賛を浴びたと報じた。今回賞賛の対象となったのは、サッカーの代表ではないようだ。

 記事は、近ごろイタリアのスポーツメディアが掲載した1枚の写真付き記事が、多くのスポーツファンに注目されたと紹介。その写真とは、バレーボール日本男子代表が試合で使用した後のロッカールームを撮影したものであり、記事は現地メディアが「まるで使用前と同じ。きれいに片づけられており、飲んでいないボトルの水も一カ所にまとめられている」と紹介したことを伝えている。

 写真が撮影されたのは、14日のバレーボール世界選手権で日本がスロベニアに負けた試合の後だという。「日本は試合に負けたが、選手たちはそれでも理性を持ち、負けたからといってロッカールームを粗雑に扱うことなく、ちゃんと片づけて帰ったのだ。このような精神がイタリアメディアを驚かせたのである」と記事は紹介した。

 そして、今年のサッカーワールドカップロシア大会で、日本代表のロッカールームが使用後にきれいに片づけられていたことが世界中で話題になったことを改めて紹介。アジア大会では一部選手が不祥事を起こしたものの、「日本選手の精神はやはり素晴らしい。負けは負けと認めてたうえで、往生際の悪いことをしたりしない。日本社会におけるモラルが、スポーツの分野にまでしっかり浸透しているのだ」と賞賛した。

 今回の男子バレー世界選手権で日本は残念ながら1次リーグ敗退という過去最低の成績に終わってしまった。東京五輪でのメダル獲得に向けては非常に厳しい状況と言えるが、何とか奮起して実際の試合でも世界から賞賛される成果を出してもらいたい。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)