日本の改造車文化はクールだが、「車検が厳しくて・・・」=中国メディア

日本の改造車文化はクールだが、「車検が厳しくて・・・」=中国メディア

中国では自動車を所有している事がステータスの1つとなっており、男性がどんな車を所有しているかも、女性から見て結婚相手に値するかの判断材料となっている。そんな中国人のなかにも車が純粋に好きで、車体の改造にもこだわりを持つ人も出てきている。(イメージ写真提供:123RF)

 趣味の分野は様々であり、車好きの人は運転だけに留まらず、愛車を自分好みにカスタマイズし、フォルムの美しさを追求する人もいることだろう。中国メディア今日頭条は19日、「台湾の自動車愛好家が、日本の改造車を羨望の目で見ている」ことを取り上げ、「日本の車検事情」を紹介する記事を掲載した。

 中国では今も、自動車を所有している事がステータスの1つとなっており、男性がどんな車を所有しているかも、女性から見て結婚相手に値するかの判断材料となっている。そんな中国人のなかにも車が純粋に好きで、車体の改造にもこだわりを持つ人も出てきている。

 記事は、台湾の自動車愛好家について紹介しているが、日本は比較的早い時期から自動車文化が根付き、成熟してきたゆえ、「台湾の自動車好きから見ると、日本では車を改造するに当たっての環境や路上の質が優れているゆえ、非常に羨ましい」と紹介している。

 そして、「日本には日本の車検制度があるために、車を改造している愛好家達はその規定を理解したうえで、改造を楽しんでおり、それは台湾の愛好家たちにも参考になる」と主張した。なぜなら台湾にも車検があり、日本と似通った部分もあるからだ。

 記事は、何枚かの日本の改造された車の写真を掲載しているが、「洗練されていて、とてもクールだ」と絶賛している。そして、足回りの改造の定番と言える、車高を低くする改造は台湾でも行われているようだが、「台湾にも車検で定められた高さがあり、日本では車体の最も低い部分と地面の間が9センチを切ってしまうと車検を通らない」と説明した。

 続いて、日本の車検制度を紹介するなかで、そのままでは車検に通らない部分でも、「事前に構造変更申請を得れば、そのままでも車検を通過させることが出来る」制度があると紹介した。しかし、これには事前の手続きと費用が必要であるため、「自動車の改造を趣味とする人にとって、日本の車検は厳しいうえに多額のお金が必要」と論じた。

 日本の歴代の名車の美しさは、中国や台湾の車愛好家から高い評価を得ている。しかし、相当の費用が掛かっていることを知り、「台湾はそこまで車検が厳しくなくて良かった」と安堵した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)