中国人が日本旅行に行きたがるのはなぜか、中国人旅行客の意見=中国メディア

中国人が日本旅行に行きたがるのはなぜか、中国人旅行客の意見=中国メディア

中国と日本には歴史問題や領土をめぐる対立が存在し、一部の中国人は今も日本に対して否定的な感情を持っているが、なぜ中国で日本旅行が人気となっているのだろうか? 中国メディアが実際に日本に旅行した中国人の意見を集約した。(イメージ写真提供:123RF)

 国外旅行がブームとなっている中国。訪日中国人が増加していることからも分かるとおり、渡航先で人気なのは日本だ。中国のオンライン旅行予約サイト「携程旅行網」が行った調査によれば、10月1日の建国記念日(国慶節)に絡む大型連休中の人気渡航先では日本が初の首位となったという。

 日中関係は小康状態にあるとはいえ、中国と日本には歴史問題や領土をめぐる対立が存在し、一部の中国人は今も日本に対して否定的な感情を持っているが、なぜ中国で日本旅行が人気となっているのだろうか。中国メディアの一点資訊はこのほど、日本を実際に旅行で訪れた中国人による手記を掲載し、中国人が日本旅行に行きたがる理由について考察している。

 記事によれば、この中国人が日本を訪れてもっとも感銘を受けたのは、街の「清潔さ」と「秩序」だったという。中国では公共の場所ほど汚れていることが多く、中国人の公徳心のなさが指摘されることもあるものの、「日本では人が大勢行き交う公共の場所が清潔であることに驚いた」と紹介。日本人にとってはごく当たり前の清潔さだが、中国人からすれば、日本ではどこに行っても「ゴミが散乱していたり、痰が吐き捨てられていない」ことが心地良いようだ。

 さらに、日本滞在中に「何を食べても、何を飲んでも安心できる」ことも快適だったと紹介。中国では食の安全が脅かされていて、飲食店などでも下水から抽出し、精製した「下水油」が使われているのではないかと心配する人も多いが、日本では「何を食べても、腹を壊すことはなかった」と紹介した。

 また記事は、日本旅行から中国に帰国し、中国の「汚染された大気」を見た瞬間に「日本と中国の差」を改めて実感することになると紹介。大気汚染が「中国に戻ってきた」ことを認識させると同時に、日本旅行をより楽しかったものに感じさせるのだと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)