タイの人たちは、中国人観光客を歓迎しているか 日本人や韓国人は?=中国メディア

タイの人たちは、中国人観光客を歓迎しているか 日本人や韓国人は?=中国メディア

タイは東南アジアで最も観光客に人気のある国で、仏教文化の影響により、外国人観光客に対しても親切だ。タイでは、日本人、中国人、韓国人の観光客に対して、どのような印象を持っているのか? 中国メディアが取材した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は24日、中国人観光客によるアジア旅行の目的で日本と人気の1、2を争うタイの現地人が、中国人観光客についてどう思っているかを紹介する記事を掲載した。

 記事は、「タイは東南アジアで最も観光客に人気のある国で、実に多くの独特なグルメや景色を有している。なかでも中国、日本、韓国がタイの観光業にとって主な収入源になっている。タイは仏教文化の影響により、人びとの性格は友好的で、外国人観光客に対しても親切だ。その一方で、各国の観光客に対してそれぞれ異なる印象を持っているようである」としたうえで、日本人、中国人、韓国人の観光客に対する現地人のイメージを紹介している。

 まずは、韓国人観光客について。「多くの商業者は、韓国人観光客の接待をしたがらないという。現地の人曰く、韓国人観光客は非常にケチで、買い物では十分安い商品ですら値下げを求めてくるほか、目先のちょっとした利益を得ようとするとのことだ」と伝えた。

 続いては日本人についてだが、こちらは「非常に印象がいい」という。「日本人はマナーや礼儀を弁え、ゴミをみだりに捨てたりせず、手助けをすれば頭を下げて感謝をしてくれるからだ」と記事は紹介している。

 そして、最後に中国人の印象について言及。こちらは「金持ち」の一言でまとめられるとし、現地の業者は「中国人観光客はどこに行ってもお土産を買って帰りたがる。至る所で中国人観光客がショッピングに躍起になっている光景を見ることができるのだ」と思っていることを紹介した。そのうえで「たくさんのお金を落としてくれるので、彼らはもちろん中国人観光客を歓迎しているのだが、一方で彼らは心の中でわれわれに対して『田舎のにわか成金』という印象も持っているのである」と説明した。

 一時期、タイの観光地で中国人観光客によるトラブルがしばしば取りざたされたが、近ごろはあまり見られなくなった。時間の経過、そして国外旅行経験者が増えるとともに、中国人観光客の質は着実に高まっていると言えそうだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)