中国人の目に映る日本、中国人にとって「日本は『独特』と言える理由」=中国メディア

中国人の目に映る日本、中国人にとって「日本は『独特』と言える理由」=中国メディア

中国メディアは、中国では見本の写真と実際の商品がまったく違っていたり、食べ物であれば量が非常に少なかったりするが、日本で提供されているものはサンプルと商品に差が無いどころか、商品の量のほうが多いこともあると紹介している。(イメージ写真提供:123RF)

 近年、日本を訪れる中国人が増加し続けている。10月1日は中国の建国記念日(国慶節)となっており、1日から7日間の大型連休となるため、日本を訪れる人も大勢いることだろう。日本を訪れた中国人の中には、日本独自の体験を楽しみたいと思っている人も多いようだが、中国人の目に、どのようなところが日本独自であると映るのだろうか。中国メディアの一点資訊はこのほど、「日本が独特であると言える理由」という記事を掲載し、中国のネットユーザーの体験を紹介している。

 記事はまず、日本のトイレに注目。公衆トイレであっても非常に清潔に保たれていることと共に、用を足している音が他人に聞こえないようにするための擬音装置が付いていたり、洗浄タンクの上部に手洗い場が設置してあって便器の洗浄用の水をタンクにためる際に手を洗えるため節水になること、さらに、乳幼児を座らせておくことのできる椅子が設置してあることなどを紹介している。中国にも公衆トイレはあり、管理人によって管理されているものの、清潔に保たれているとは言い難いのが現状だ。

 続けて店で売られている商品について「サンプルと商品に差がない」ことに注目している。中国では見本の写真と実際の商品がまったく違っていたり、食べ物であれば量が非常に少なかったりするが、日本で提供されているものはサンプルと商品に差が無いどころか、商品の量のほうが多いこともあると紹介している。

 他にも記事は、親切ですばらしい「サービス」が受けられることや、愛煙家は「携帯灰皿」を持ち歩いていること、列に並んで電車を待っていることなどを写真と共に指摘し、こうした点から「日本が独特であると感じる」と紹介した。

 近年日本を訪れる中国人の目的に変化が生じつつあり、「モノ消費」から「コト消費」へと移り変わってきていると言われている。日本に住んでいたらごく普通のことだが、中国人から見たら新鮮で、日本でしか体験することができないと感じることが多くあるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)