日本には「忘れがたいお菓子」がたくさん! お土産にもぴったり=中国メディア

日本には「忘れがたいお菓子」がたくさん! お土産にもぴったり=中国メディア

中国メディアは、日本人の大人にとって懐かしの味の日本のお菓子は中国人にとっては新鮮で、それでいて美味なお菓子であることを紹介した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本のお菓子は種類が豊富で、しかも、美味しいとして外国人旅行客の間でも人気となっていて、日本旅行の土産として大量に購入して帰国する人は少なくない。中国メディアの捜狐は25日、日本で販売されているお菓子を紹介し、日本には「忘れがたいお菓子」がたくさん存在することを紹介している。

 記事は、日本には非常に長い間、愛され続ける歴史あるお菓子が数多く存在することを紹介。たとえば「笛の形をしたラムネ」や「チョコボール」、「きのこの山」、「たけのこの山」、「アポロチョコレート」、「10円ガム」など懐かしのお菓子を紹介しつつ、日本人の大人にとって懐かしの味のお菓子は中国人にとっては新鮮で、それでいて美味なお菓子であることを紹介した。

 続けて、これらのお菓子は日本全国で購入することができることを伝え、日本を訪れた際にはコンビニなどで気軽に購入できることを紹介。一度食べてみれば、「忘れがたいお菓子」になるであろうことを伝えている。

 中国でももちろん子ども向けのお菓子はたくさん販売されている。昔からあるものとしては「飴」や「ピーナッツ」、「芋のお菓子」などがあり、近年では日本や欧米のメーカーが様々なお菓子を市場に投入しており、日本と同じお菓子がスーパーに並んでいる光景も珍しくなくなった。しかし、日本のお菓子は中国人の大人の心をもワクワクさせるようで、お菓子を爆買いする中国人旅行客も少なくない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)