誠実であることが重要な日本、「誠実だから住みたい国に選ばれる」=中国メディア

誠実であることが重要な日本、「誠実だから住みたい国に選ばれる」=中国メディア

中国メディアは、日本では「誠実」であることによって「社会秩序」が保たれていると主張し、日本のホテルに宿泊しチェックアウトする際、フロントに鍵を返すだけだが、中国の場合はチェックアウトの際には清掃係が部屋の備品が持ち去られていないかなどをチェックするのが普通だという。(イメージ写真提供:123RF)

 10月1日は中国の建国記念日(国慶節)にあたり、大型連休となるため、多くの中国人が国内外の旅行に出掛ける。日本を訪れる人も大勢いることだろう。日本を訪れた中国人は、日本では窃盗が少なく、犯罪発生率そのものが低いことに驚くと言われる。中国メディアの今日頭条は1日、「日本では誠実であることがどれほど大切なのか」を考察する記事を掲載し、日本人の生活と「誠実」であることの関係性について分析している。

 まず記事は、日本では「誠実」であることによって「社会秩序」が保たれていると主張し、日本のホテルに宿泊しチェックアウトする際、フロントに鍵を返すだけで、係員が部屋の様子をチェックすることはないと紹介。中国の場合はチェックアウトの際には清掃係が部屋の備品が持ち去られていないかなどをチェックするのが普通だ。

 また、日本では道路上でも秩序が保たれており、信号無視する人はおらず、むやみやたらにクラクションを鳴らす人もいないこと、さらに、すべてのドライバーが歩行者を優先していることに誠実さが表れていると紹介した。

 続けて記事は、「誠実」であることが「食品の安全」にも繋がっていると主張している。生ものを食べる習慣のない中国人は日本の飲食店で提供される刺身や寿司を食べて腹を壊さないか心配になるようだが、記事は日本で提供される食品は安心できるため、腹を壊すことはまずないと紹介している。

 他にも、日本の「戸籍制度」や「野菜の無人販売所」、「偽札が出回っていないこと」、「落し物が手元に戻ってくること」などは、日本人が「誠実」であるゆえ成せることであると紹介し、世界で最も住みたい国の1つに選ばれているのも納得できることだと主張している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)