災害頻発の日本、移民した中国人は後悔していると思いきや・・・言葉を聞いて「寒気がした」=中国

災害頻発の日本、移民した中国人は後悔していると思いきや・・・言葉を聞いて「寒気がした」=中国

反日的思想を持つ中国人が、台風や地震など災害が続く日本に移住した同胞に、日本移住をさぞかし後悔しているだろうと思いきや、実際に尋ねてみると「全く後悔していない」という答えが返ってきたという。(イメージ写真提供:123RF)

  台風に地震と災害が続く日本。あまりにも立て続けで、なぜ日本ばかりこんなに災害が多いのかと深読みする中国人もいるようだが、中国メディアの今日頭条はこのほど、日本に移住した中国人が後悔しているかどうかに関する記事を掲載した。

  記事によると、結論から言えば「ノー」だという。記事の中国人筆者は反日的思想の持ち主のようで、それを聞いて「寒気がした」としている。普通に考えれば、どこの国であれ災害が起これば同情してしかるべきで、大きな災害が続いたとなればなおさらだが、記事は、日本で災害が続いているのを「罰があたった」ためだと考えているため、米国を始め諸国は日本に対して冷たい態度を取り、援助の手を差し控えていると主張。「こっそり核兵器を研究・製造しているからだ」、「戦時中の悪事のせいだ」との独自の主張を展開している。

  何とも非科学的な話だが、この筆者にとっては、日本で災害が続いていること以上に「日本に移住した華人の感覚のほうが恐ろしい」という。記事は日本国籍を取得した中華系日本人のことを、「日本に移住して中国の国籍を捨てるなどという理解できない人たち」と呼び、批判的な立場を取っている。

  その上で、これだけ災害が続く日本に移住してしまったことを、さぞかし後悔しているだろうと思いきや、実際に尋ねてみると「全く後悔していない」という答えが返ってきたという。しかも、日本に移住した理由が「日本の文化が好きだから」だったということに「寒気がした」と述べている。

  記事は、日本の文化は中国由来であるため「こんな理由は全く成立しない」と主張。「我々の悠久の歴史よりも真似をした日本の方が勝るとでもいうのか」と怒りを露わにし、なかには「日本と生死を共にする」と回答した中華系日本人もいたと紹介。これに対して筆者は非常に憤激している。

  しかし、日本文化が中国由来であることは日本も認めており中国でもよく知られたことであって、それでも「日本文化が好き」として日本国籍まで取ることには必ずそれなりの理由があると考えるべきではないだろうか。真の理由を追求せずに批判を繰り広げる記事の内容は、見識の狭い浅はかな主張だと言わざるを得ない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)