日本を訪れる同胞が文明的な行動を取るようになったぞ! その背後の理由=中国メディア

日本を訪れる同胞が文明的な行動を取るようになったぞ! その背後の理由=中国メディア

最近では中国人旅行客のマナーに改善の兆しが見られているのだという。中国メディアは、「日本を訪れる同胞が文明的な行動を取るようになった」と論じる記事を掲載し、その原因について紹介している。(イメージ写真提供:123RF)

 国外に旅行に出かける中国人が増加するにつれ、中国人旅行客のマナーの悪さに起因するトラブルが増加している。育った環境や考え方が違っているためか、あるいは他人の目を気にしない国民性だからか、日本でもトラブルが多々発生している。

 だが、最近では中国人旅行客のマナーに改善の兆しが見られているのだという。中国メディアの捜狐は8日、「日本を訪れる同胞が文明的な行動を取るようになった」と論じる記事を掲載し、その原因について紹介している。

 近年は日中関係が小康状態にあるためか、日本を訪れる中国人は増加の一途を辿っている。だが、中国人旅行客が増加するにつれ、「木に登って写真撮影をする」、「タバコをポイ捨てする」、「落書きをする」といった中国人の行動が日本のメディアを賑わせたと紹介。日本の小売業者は中国人旅行客の消費額が大きいから目をつぶっているだけであり、マナーの悪さを内心では快く思っていないと伝えた。

 一方で記事は、ここ最近は中国人旅行客のマナーに向上の兆しが見られると主張。過去にはトイレで使用済みのトイレットペーパーをゴミ箱に捨てたり、お金を支払う前に売り物を開けてしまったりといったトラブルが頻発していたが、最近は確かにあまり聞かなくなったと言える。

 記事は、中国人旅行客は自分たちの行動が中国のイメージを左右することに配慮し始めたとし、これは出国前に旅行会社から日本の文化や法律についての手引きを受け取ることのほか、「中国政府が自国民に対して文明的な行動を取るように教育しており、中国人客は日本に到着すると、大使館から『現地の法律を遵守し、文明的な行動を心がけるよう』呼びかけるメールを受け取る」ことなどが関係していると主張した。

 今後しばらくは、多くの中国人旅行客が日本を訪れることが予想されている。「郷に入っては郷に従う」という諺があるが、どこを訪れるにしても、事前にその国の文化や風習、ルールを理解しておくことによって、旅行が苦い思い出にならずに済むことだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)