日本人は交通ルールを守り、運転マナーも良い!だから車が多くても渋滞しない=中国メディア

日本人は交通ルールを守り、運転マナーも良い!だから車が多くても渋滞しない=中国メディア

中国メディアは、「なぜ東京は自動車が多いのに渋滞していないのか」と題する記事を掲載した。信じられない理由があるとしている。(イメージ写真提供:123RF)

 経済発展とともに、中国では自動車を所有するのが普通になり、北京などでは交通制限をしなければならないほど渋滞が深刻化している。人口の多さから考えれば、住民の生活に与える影響はもちろん、空気汚染などの環境被害が深刻なのも容易に想像できる。しかし、車両数が多く、人口密度が非常に高い東京では状況が違っている。中国メディアの快資訊は19日、「なぜ東京は自動車が多いのに渋滞していないのか」と題する記事を掲載した。信じられない理由があるとしている。

 記事はまず、生活にゆとりのできた中国人にとって、自動車の購入は大きな問題ではなくなったと紹介。むしろ今ではどこへ行くにも渋滞で「外出が困難」になってきたことのほうが問題だとしている。ではなぜ東京では渋滞が見られないのだろうか。

 その理由として、東京のビジネスパーソンは自家用車ではなく「公共交通機関で出勤」するのに対し、中国では渋滞するとわかっていても自動車に乗りたがる違いがあると分析。自動車の所有もそうだが、やはり中国における自動車の立ち位置は、交通の足というよりメンツの道具なのかもしれない。

 また、日本人は「交通ルールをよく守り、運転マナーが良い」ことも関係しているという。記事は、中国では道をふさいだり無理な追い越しをしたりといった迷惑運転や、駐車違反が普通に見られると指摘。しかし、日本ではこうしたルール違反が基本的に見られないとしている。日本人は秩序を重んじるのに加え、ルール違反には厳しい罰則があるためで、日本には立体駐車が多いとも付け加えている。

 記事の中国人筆者は最後に、個人的には根本的な解決策としては、「ピーク時間をさけて人の少ない時に外出すれば良い」と提案しているが、それができれば苦労しない。中国の渋滞問題は、より根本的な解決策が必要であり、日本の例からよく学ぶと良いのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)