日本はとても暮らしやすい国だ! ただ、暮らしにくい部分もある=中国メディア

日本はとても暮らしやすい国だ! ただ、暮らしにくい部分もある=中国メディア

中国メディアは、中国人が日本で暮らすメリットについて列挙し、個人資産や企業活動が十分に保障されているほか、投資も世界の株式市場、外国為替、投資信託、不動産などの個人投資が便利、かつ、自由にできると伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は22日、「日本は中国人が居住し生活するのに適しているのか」とし、実際の体験から感じた日本で生活するメリットとデメリットについて論じる記事を掲載した。

 記事はまず、日本で暮らすメリットについて列挙した。個人資産や企業活動が十分に保障されているほか、投資も世界の株式市場、外国為替、投資信託、不動産などの個人投資が便利かつ自由にできるとしている。

 また、法律が「異常なまでに健全」であり、基本的人権が法的に守られていること、生活条件も整い、先進国としての歴史が長いこともあって社会全体も成熟していると紹介。行政については特権を利用して市民を圧するような態度ではないと伝えた。

 その一方で、欠点については自然災害の多さ、生活コストの高さに加え、各種手続きにおける効率やスピード感の低さを指摘している。特に手続きの遅さについては「引っ越しをする際、保証会社や管理会社と契約をするのに半月かかるほか、部屋に光ファイバーのインターネットを開通させるにも半月待たされたりする」と具体的な例を数多く挙げた。

 さらに、福祉が充実している一方で税金の種類が多く、重いうえ、国民健康保険を払う必要もある点、日本人と打ち解けて日本社会に順応することがなかなか難しい点、日本人の社会に融け込めない場合に頼りになるのが「同胞」の存在だが、しばしば「同胞」にも悪人がいてトラブルに巻き込まれる可能性がある点をデメリットとして紹介している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)