見ているだけでよだれが・・・中国メディアが選ぶ、北海道で必ず食べたいグルメ5選

見ているだけでよだれが・・・中国メディアが選ぶ、北海道で必ず食べたいグルメ5選

北海道は、中国人に人気の観光スポットだ。雪の観光シーズンを迎え、中国メディアは北海道で外せないグルメについて特集した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は28日、雪のシーズンを迎えた北海道で食べるべきグルメを紹介する記事を掲載した。記事は「雪によって北海道が真っ白な世界に代わり、その美しさはたとえようがないくらいだ。景色の美しさに加え、北海道はグルメにも事欠かない」としたうえで、北海道を旅した際には欠かせないメニューを挙げている。

 まずは、ウニイクラ丼だ。「北海道で外せないグルメと言えば海鮮。値段が安いうえに新鮮なのだ。ウニイクラ丼には新鮮なウニが大量に乗っており、一口ほおばると口の中が濃厚なうまみと甘みでいっぱいになる。そして、粒立ちのよいイクラは歯ごたえが良く非常においしい」と評した。

 続いては、寒い冬にはたまらないアツアツホクホクのじゃがバターである。どちらも北海道の特産品であるジャガイモとバターの組み合わせは、ジャガイモの食感と甘さに熱で溶けたバターの油分と香りがマッチして、口いっぱいに味わいが広がると伝えている。

 さらに、新鮮なイカを使った、弾力ある食感と甘みがたまらないイカ刺し、帯広名物で甘辛いタレにたっぷりくぐらせた豚肉と白米の組み合わせが溜まらない、ボリューム満点の豚丼、札幌発祥で奥深い味わいと爽やかな辛さとたっぷり野菜が特徴的なスープカレーを紹介した。

 記事は最後に、「雪が降ると、北海道を旅したくなる衝動に駆られはしないか。これらの北海道グルメは、雪の北海道をさらに美しいものにしてくるのだ」と結んでいる。

 札幌で遅れていた初雪を11月20日に観測し、ようやく本格的な雪のシーズンを迎えた北海道。今年は大きな地震が発生した影響で例年よりも観光客が少なく、安全性の説明や観光のPRに一層力を入れているようだ。もともと北海道旅行を好む傾向がある中国人観光客にもぜひ多く訪れてもらいたい。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)