日本人を羨む中国人たち・・・ところで「日本人は本当に幸せなのか」=中国

日本人を羨む中国人たち・・・ところで「日本人は本当に幸せなのか」=中国

日本は経済発展した先進国であり、教育のレベルが高く、ルールを良く守るマナーの高さで中国人旅行者を驚かせており、こうした生活を羨んでいる中国人は少なくないのだという。(イメージ写真提供:123RF)

 街にはごみ1つ落ちておらず、空気も水もきれいで、礼儀正しい国というのが、よく言われる日本のイメージである。そんな日本に住む日本人の生活は幸せと言えるのだろうか。中国メディアの捜狐は18日、中国人旅行者が見た日本を紹介し、「日本人は本当に幸せか」に関する記事を掲載した。

 近年では訪日外国人が増加し続けており、その多くの部分を占めているのが中国人だ。より多くの中国人が「実際の日本」を見聞きしているとも言えるが、日本人の生活は本当に幸せなのだろうか。

 記事はまず、中国では多くの人が日本での生活を羨んでいると紹介。日本は経済発展した先進国であり、教育のレベルが高く、ルールを良く守るマナーの高さで中国人旅行者を驚かせており、こうした生活を羨んでいるのだという。しかし、多くの旅行者が日本を訪れるようになり、日本の抱える闇も知るようになってきたと指摘した。

 それは、「泥酔して路上で寝てしまう人」がいることだ。記事は、「日本の若者の多くが大きなストレスを抱えているため、夜になると飲み屋で酒を飲むことでストレスを解消する」と説明。しかし、往々にして飲み過ぎてしまい、酒に弱い若者は路上で寝てしまい、目が覚めると急いで荷物を片付けて会社に向かうと紹介した。

 また、別の社会問題として日本では独居老人や孤独死もあると伝え、「それでも日本を羨むのか」問いかけている。日本にも社会問題があるのは事実であるが、問題が異なるだけでもどこの国にも何かしらの問題があるものだ。泥酔して道路で寝てしまうサラリーマンはごく一部であり、独居老人が皆不幸せというわけでもない。全体としてみれば、日本はやはり住みやすい国といえるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)