ベトナム人はなぜ「高額な日本メーカーのバイクを好むのか」=中国メディア

ベトナム人はなぜ「高額な日本メーカーのバイクを好むのか」=中国メディア

中国メディアは、ベトナムを訪れたことのある人ならば「ベトナム国内では自動車よりバイクの方が便利」であり、実際に路上では多くのバイクが走っていることを知っているだろうと伝えつつ、ベトナムの路上で見かけるのは日本メーカーのバイクばかりだと指摘した。(イメージ写真提供:123RF)

 バイク大国として知られるベトナムで人気があるのは日本メーカーのバイクだ。ベトナムは中国と国境を接しており、中国から安価なバイクをいくらでも輸入できる地理的環境にあるが、ベトナム人はなぜ高額な日本メーカーのバイクを好むのだろうか。

 中国メディアの網易はこのほど、ベトナムを訪れたことのある人ならば「ベトナム国内では自動車よりバイクの方が便利」であり、実際に路上では多くのバイクが走っていることを知っているだろうと主張しつつ、ベトナムの路上で見かけるのは日本メーカーのバイクばかりだと指摘する記事を掲載した。

 記事は、ベトナムの路上を大量のバイクが埋め尽くす光景は「ベトナムならでは」であると主張しつつ、ベトナムで見かけるのはほとんどが日本メーカーのバイクであり、中国メーカーのバイクはほとんど見かけないと強調。ベトナムは中国から安いバイクを輸入できる環境にあるというのに、なぜ輸入しないのかと疑問を投げかけた。

 これについて、「かつてのベトナムは現在と状況が違っていた」とし、かつてベトナムの路上を独占していたのは中国製バイクだったと主張。中国製のバイクは安価で、品質も最低ラインをクリアしていたため、ベトナム人はこぞって中国製バイクを買ったものだったと指摘した。

 だが、ベトナム市場に目をつけた中国の各メーカーがこぞってベトナムで価格競争を繰り広げ、低価格で売るために品質も下げたところ、バイク事故が急増してしまったと指摘。ベトナム人は中国製バイクを信用しないようになり、購入してくれなくなってしまったと論じた。

 一方、日本メーカーのバイクは品質が高く、ベトナム人は一気に日本メーカーのバイクに流れてしまったと強調。日本メーカーのバイクは中国製バイクより高額だが、そのぶん品質が高く、寿命も長いうえにアフターサービスも優れていたとし、こうして中国メーカーはベトナム市場を失ってしまったのだと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)