日本旅行をした中国人は、日本にどんな印象を持って帰ってくるのだろうか=中国メディア

日本旅行をした中国人は、日本にどんな印象を持って帰ってくるのだろうか=中国メディア

中国メディアは、人気の旅行先である日本へ行ってきた中国人は、日本人のモラルの高さや細かな部分にも配慮が行き届いていることに「学ぶべきだ」と感じると伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は1日、「日本の旅行から中国に戻ってきた時に、どんな感覚になるだろうか」とする記事を掲載した。

 記事は、「日本はアジアの先進国であり、米国、中国に次ぐ第3の経済大国だ。近年では観光業を絶えず発展させ続けており、毎年世界各地の観光客を多く呼び込んでいる。われわれ中国人観光客も多く訪れ、日本人に大きな経済的な利益を与えている」としたうえで、中国人は日本旅行をして自国に戻ってくると、どのような感覚になるのだろうかとした。

 そして、「もしかしたら、多くの人は日本の人びとのモラルの高さ、さらには細かい部分への配慮に対する深い印象を覚えるとともに、われわれも学ぶべきだと感じるかもしれない。まず、日常的な交通の部分だ。日本の街にある信号機には押しボタンが設置されているものがあり、高齢者などが渡る際に押すと青信号の時間が長くなるのである」と伝えた。

 また、日本の環境も非常に清潔であると指摘。これは日本人が小さいころから環境を守る意識を学ぶからであり、街では人びとが意識的にゴミをゴミ箱に捨て、家庭ではしっかりとゴミを分別するのだと紹介している。

 さらに、他人に対する細かい配慮の例として、階段には一般の大人用とは別に、高齢者や子どもが利用できる高さの手すりが備え付けられていると説明。「こういった点は確かにわれわれも学ぶべきだ」とした。そして最後に「みんなそれぞれ自分の考えがあるだろう。日本の社会は抑圧的で、長時間の滞在は耐えられないという人もいる。ただ、日本から学ぶべき点が少なからずあるということは間違いないのだ」と結んだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)