わが国は精度の高いベアリングを作れない! これは「自前で自動車を作れない」ことになるのか=中国

わが国は精度の高いベアリングを作れない! これは「自前で自動車を作れない」ことになるのか=中国

中国メディアは、自動車に使うベアリングを自前で生産できないならば、「中国は自前で自動車を作れない」と言うべきなのかと疑問を投げかけつつ、中国の自動車産業の現状について論じた。(イメージ写真提供:123RF)

 中国では近年、中国自主ブランド車の品質が向上していると言われている。ただ、過去には中国のある著名人が「中国は自動車に使うベアリングを自前で生産できない」などと発言し、物議を醸すことがあったが、真相は果たしてどうなのだろうか。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、自動車に使うベアリングを自前で生産できないならば、「中国は自前で自動車を作れない」と言うべきなのかと疑問を投げかけつつ、中国の自動車産業の現状について論じる記事を掲載した。

 記事は、多くの中国人は自動車産業のことを知らなすぎると主張したうえで、「中国は自動車に使う精度の高いベアリングはおろか、精度の高いネジすら作れないのは残念ながら事実だ」と指摘。中国車には外部から調達した非常に多種多様な部品が使用されていると指摘したうえで、この場合は「中国は自前で自動車を生産できない」と言うべきなのだろうかと疑問を投げかけた。

 続けて、米アップルのiPhoneがすべてアップルが自前で生産しているわけではないとしたほか、街中にある肉まん屋だって「豚から育てているわけではない」と強調し、中国の自動車メーカーが海外メーカーから部品を調達したら「中国は自前で自動車を生産できない」と言うべきという論調は筋が通らないと指摘した。

 さらに、中国製造業の力を結集すれば、中国が精度の高いネジやベアリングを自前で生産することは決して不可能ではないと主張する一方、それをしないのは「外部から調達したほうが安上がりだからだ」と主張。それゆえ、自動車に使うベアリングを自前で生産できないからと言えど、「中国は自前で自動車を生産できる国」に変わりはないと主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)