憧れだった日本の携帯電話、なぜ「ここまで落ちぶれてしまったのか」=中国メディア

憧れだった日本の携帯電話、なぜ「ここまで落ちぶれてしまったのか」=中国メディア

中国メディアは、日本はスマホに必要なディスプレイやカメラのほか、センサーをはじめとする部品を自前で生産することができるのに、なぜ世界で売れるスマホが作れないのかと疑問を投げかけた。(イメージ写真提供:123RF)

 中国ではかつて日本のフィーチャーフォンが人気だった時代がある。しかし、スマートフォン(スマホ)が登場して以降、中国市場における日本のフィーチャーフォンやスマホはすっかり存在感を失ってしまい、今では中国のスマホが世界的に大きなシェアを獲得している。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本はスマホに必要なディスプレイやカメラのほか、センサーをはじめとする部品を自前で生産することができるのに、なぜ世界で売れるスマホが作れないのかと疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、技術的な観点から言えば「日本企業の技術は立ち遅れているわけでもなく、問題は何1つ見当たらない」と主張、むしろ世界で売れ行きの良いスマホには必ずと言って良いほど日本メーカーの部品が搭載されているほど技術力は高いと指摘した。

 続けて、まだスマホが存在しなかった時代の中国では「日本のフィーチャーフォンは人びとの憧れだった」と伝え、実際に中国市場で大きなシェアを獲得したメーカーもあったと強調する一方、これはスマホの登場とともに終焉を迎え、日本のフィーチャーフォンやスマホは一気に中国市場から姿を消してしまったと指摘。そのうえで、「日本の携帯電話はなぜここまで落ちぶれてしまったのか」と疑問を投げかけた。

 この疑問に対し、記事は「日本のスマホは流行から取り残された外観をしていて、しかも価格は非常に高い」と指摘したほか、日本企業はスマホ市場において「発言権がない立場」にもかかわらず、価格だけ強気であるとし、これでは売れるはずがないと主張。

 また、中国メーカーが「消費者のニーズを重視し、ニーズに沿った製品開発」を徹底しているのに対し、日本メーカーは「自分たちが作りたいものや、作れるもの」という観点のもと、技術ありきの製品開発をしていると主張、機能も価格も消費者が求めているものからかけ離れているのだから売れるわけがないと主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)