日本にある「80センチしかないエスカレーター」、そこに優しい街づくりを見た=香港

日本にある「80センチしかないエスカレーター」、そこに優しい街づくりを見た=香港

香港メディアは、日本には「世界で最も距離が短い」と称されるエスカレーターがあり、その長さはわずか80センチメートルであり、たったの5段しかないと紹介し、「なぜこんなに短いエスカレーターを作ったのか、多くの人が疑問に思っている」と紹介した。(イメージ写真提供:123RF)

 香港メディアの鳳凰網は9日、先進国である日本は経済的な実力は「もはや言うまでもない」としつつ、都市建設の観点から見ても「非常に優れている」と伝えつつ、日本に存在する「長さ80センチメートル」という非常に短いエスカレーターの存在を紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、エスカレーターといえば長さが数メートルはあるものというイメージが一般的だとし、エスカレーターのおかげで階段を上り下りすることなく、楽に移動することができると指摘。しかし、日本には「世界で最も距離が短い」と称されるエスカレーターがあり、その長さはわずか80センチメートルであり、たったの5段しかないと紹介し、「なぜこんなに短いエスカレーターを作ったのか、多くの人が疑問に思っている」と紹介した。

 続けて、「長さ80センチメートルのエスカレーターに乗るくらいならば、歩いた方が早いのではないか」と疑問を投げかける一方で、このエスカレーターが存在する理由を知れば「きっと考え方が変わる」と主張。日本に存在する「たったの5段しかない」エスカレーターは健常者向けに設置されたのではなく、高齢者や足の不自由な人に向けて設置されたものだと指摘した。

 これに対し、中国のネット上では「日本人は他人の立場になって、本当に細かいところまで考えている。このエスカレーターを見て、日本がどのような国なのか、見てみたくなった」、「中国もいつの日か、日本のように人に優しい街づくりが実現されることを願いたい」といった声があがったと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)