韓国経済は世界の「風見鶏」、韓国を通じて世界経済を見てみると・・・=中国メディア

韓国経済は世界の「風見鶏」、韓国を通じて世界経済を見てみると・・・=中国メディア

中国メディアは、韓国の輸出は世界の工業生産や消費者の需要の増減を敏感に反映すると指摘しつつ、2019年1月の韓国の輸出の伸びが下振れしたことは19年の世界経済が「複雑かつ困難な状況に陥ることを暗示するものだ」と主張した。(イメージ写真提供:123RF)

 韓国は輸出主導型の経済であり、外需に依存している構造と言える。中国メディアの金融網は13日、韓国の輸出の伸びが鈍化していることは中国経済や欧州経済の軟調さを示すものだと伝え、韓国経済から世界経済の異変を読み取ることができると伝えた。

 記事は、韓国の輸出は世界の工業生産や消費者の需要の増減を敏感に反映すると指摘しつつ、国内総生産が低下を続けている韓国では輸出が明らかに減少していると指摘。2019年1月の韓国の輸出の伸びが下振れしたことは19年の世界経済が「複雑かつ困難な状況に陥ることを暗示するものだ」と主張した。

 続けて、韓国は中国や米国、EU、日本など、世界の主要な経済体と密接な取引があるうえ、韓国の輸出品の多くは半導体や鉄鋼、化学製品など世界の工業生産にとって重要な部品・素材や最終製品であると紹介。特に半導体の輸出は世界経済の景気に大きく左右されると指摘し、その意味でも韓国の輸出は世界経済の先行きを読むうえで重要となるのだと論じた。

 さらに、韓国の輸出先を見てみると、EU経済と中国経済の減速が見て取れると指摘。米国への輸出も下振れしているが、米国の場合は保護貿易主義が主な理由であると指摘する一方で、韓国の輸出の伸びが前年比で急落した時、「アジア金融危機や米インターネットバブルの崩壊、世界金融危機、欧州債務危機などが発生しているのは注目に値する」と強調した。

 中国経済の減速が数字に表れてきた今、記事は「韓国経済や輸出に顕在化し始めた異変は、19年の世界経済の先行きを示している」のではないかと伝えつうつ、少なくとも19年の世界経済は「複雑かつ困難な状況に陥ることを暗示するものだ」と伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)