みんな日本が大好きだが、日本にこんな習慣があるって知ったら住みたいと思う?=中国メディア

みんな日本が大好きだが、日本にこんな習慣があるって知ったら住みたいと思う?=中国メディア

中国メディアは、中国人であれば耐えられなくなるであろう日本の社会ルールを取り上げた。例えば、会社に入れば相応の服を着なければオフィスに入れないことがある・・・など。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は16日、「みんなが大好きな日本、こんな日本の生活習慣を知ったら、それでも定住してみたいと思うか」とする記事を掲載した。

 記事は、経済発展に伴って生活レベルが向上したことで近年では国外に出かける中国人も多くなったと紹介。中でも日本は人気が高い国の1つであり、非常に多くの中国人観光客が日本を訪れていると伝えた。

 一方で「日本はとても静かで、環境が良好な国だが、日本人の生活習慣についてどれだけ知っているだろうか。こんな習慣が日常の中に存在すると知ったら、それでも日本に住みたいと思うだろうか」として、4つの特徴的な習慣を挙げている。

 まずは、非常に入浴が好きなことだ。「たくさんのシャンプーや制汗剤が彼らにとっては必需品であり、老若男女問わずみんな1日1度は入浴する。旅行をしても、宿に到着したらまず入浴するのだ。そして、衣服も頻繁に洗たくする」とした。

 続いては、会社や学校におけるルールが多く、厳しいこと。「一日中ボーッと過ごしている訳にはいかない。例えば、会社に入れば相応の服を着なければオフィスに入れないことがあるし、学校でも靴を履き替えたり、状況に応じて服を着替えたりしなければならない」と紹介している。

 3つめは、清潔好きで頻繁に掃除、洗たくをすることを挙げた。「他人から借りたものは必ず洗って返さなければならない。また、賃貸住宅は退出する前にきれいに清掃をしなければならないのである」と伝えた。

 そして、最後に挙げたのは、本を読む時の習慣だ。記事は「日本人は本にカバーをつけて読むのが好きだ。なぜなら、本を大切にしているから。それゆえ、彼らは本に容易にメモをしたり、折り目をつけたりもしない。この点はわが国の習慣とは異なるのである」とした。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)