知識を詰め込む教育の中国、子供の能力を伸ばす教育の日本=中国メディア

知識を詰め込む教育の中国、子供の能力を伸ばす教育の日本=中国メディア

中国メディアは、日中両国の教育について比較する記事を掲載し、「日本では子どもの能力を伸ばす教育がされているが、中国では知識を詰め込む教育が行われている」と伝えている。(イメージ写真提供:123RF)

 国の将来を担う子ども達にどのような教育を提供するかは非常に重要なことだ。日本でも中国でも子どもに対する教育は重要視されているが、教育方法には大きな違いがあるようだ。

 中国メディアの今日頭条は14日、日中両国の教育について比較する記事を掲載し、「日本では子どもの能力を伸ばす教育がされているが、中国では知識を詰め込む教育が行われている」と伝えている。

 まず記事は、中国では若者の体力不足が問題となっていると指摘。その証拠として、中国杭州市にある小学校の運動会で、1時間のうちに20名もの児童が倒れてしまったというニュースを紹介した。一方、日本では子ども達が幼い頃から身体能力や持久力を伸ばす教育がなされていると伝え、この点だけでも日本と中国の教育はまったく違うことが分かると論じた。

 続けて、中国の保護者は子どもの「成績」だけを重要視するのに対して、日本では子どもの思考能力や分析能力を高める教育も行われていると伝え、決して子どもに知識を詰め込むことだけを重要視していないと強調した。

 現代の中国は日本以上の学歴社会となっている。そのため、少しでも良い学校へ通うために、放課後は外で遊ぶのではなく様々な習い事に通う子どもが多いようだ。知識は確かに重要だが、自ら問題を分析し、答えを導きだすための思考能力を養うことも重要なのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)