日本で入院するということ・・・こんなに快適で、中国とは全く違う=中国メディア

日本で入院するということ・・・こんなに快適で、中国とは全く違う=中国メディア

中国メディアは、日本で入院すると非常に快適で、中国とは全く違うと伝えている。(イメージ写真提供:123RF)

 最近、中国で人気の日本への医療観光。中国人にとって日本の病院はどこが魅力的なのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本で入院するというのはどのような体験なのか」を紹介する記事を掲載した。非常に快適で、中国とは全く違うと伝えている。

 中国では、多くの病人が大病院に集中するため、病室のベッドが足らず、廊下までベッドを出して入院させる病院もあり、お世辞にも良い環境とは言えない。また、看護師は治療に関わること以外はせず、食事など入院患者の生活に関わる世話をすることはない。そのため中国では誰かが付きそうことが求められ、それができなければ、付き添いを雇わなければならないのが現状だ。

 記事は日本の病院は入院環境が非常に良いと紹介。日本では患者の世話はすべて看護師がしてくれ、家族の付き添いが求められるのは手術時だけだと伝えた。それも、万が一の時にすぐに対応できるように、手術室の外で待っているだけである。面会時間以外は、家族でも来ることはできないほどだと大きな違いを紹介している。

 さらに、看護師が非常に優しく、配慮が細かいと称賛。毎朝担当の看護師が微笑みながら「今日はお世話になります」とあいさつに来てくれて、看護師はベルが鳴るのを待つのではなく何度も見に来てくれて、ベッドの角度は良いか、点滴中にはトイレに行きたくないか聞いてくれると紹介、中国ではありえないサービスを伝えている。

 先進的で衛生的な設備、また細やかな気配りのしてくれる看護師は、中国人の入院患者を感動させているようだ。この記事に対して、日本の病院を称賛する声が多く寄せられ、同時に「一人っ子が多い中国では付き添いを雇わなければならない」、「中国では何でも金を取るし、しかも高い」、「入院中に看護師を見ることはあまりない」など、中国の病院の現状を嘆くコメントが目立った。中国も、日本の病院から患者本位のサービスをぜひ見習ってもらいたいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)