中国人はなぜ日本を訪れるのか「訪日せずして、差は認識できないからだ」=中国メディア

中国人はなぜ日本を訪れるのか「訪日せずして、差は認識できないからだ」=中国メディア

中国メディアは、日本を旅行で訪れる中国人が増加の一途をたどっていることを指摘しつつ、中国人が訪日したがる理由について考察する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 国外旅行ブームが続く中国において、日本はタイと並んで人気の渡航先となっている。中国国内には歴史問題や領土をめぐる対立を理由に、日本を旅行で訪れる中国人を批判する声があるのも事実だが、それでも中国人の日本へ向かう足は止まる気配が見られない。

 中国メディアの一点資訊はこのほど、日本を旅行で訪れる中国人が増加の一途をたどっていることを指摘しつつ、中国人が訪日したがる理由について考察する記事を掲載した。

 近年の中国経済の成長は目を見張るものがあり、国内総生産では中国はすでに日本を大きく上回っている。記事は、「もし海外を訪れずに中国国内だけで暮らし続ければ、中国経済の成長のなかで『中国はすでに日本をあらゆる面で超越した』と勘違いし続けてしまうだろう」と主張。そして、実際に日本を訪れることで、「中国はまだ日本に追いついていないことを知るのだ」と論じた。

 続けて、中国が日本に追いついていないのは、具体的に言えば民度などの「ソフト面」であるとし、「日本人の礼儀正しさ」や「街の清潔さ」、「社会全体の秩序」、「ルールや規則を自律的に守る人びとの民度」といった点であると主張した。

 中国国内で近年、訪日旅行が人気となっているのは事実だが、それは「日本を訪れて初めて、日本との差がどれだけあるのか知ることができるためだ」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)