中国人男子が日本の女性と結婚したがるのは、こんなイメージを持っているからだ=中国メディア

中国人男子が日本の女性と結婚したがるのは、こんなイメージを持っているからだ=中国メディア

中国メディアは、「多く人が日本に対して抱く印象には、桜の美しさ、日本製品の質の高さのほかに、日本の女性の性質がある。ネット上では、日本の女性を嫁にとることは非常に幸せなことだ、なぜなら日本の女性は柔和で知性があり勤勉だからだ」と紹介した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は1日、「日本の女性は結婚後、夫とどうやって付き合っていくのか」とする記事を掲載した。その内容からは、中国のネット上における、日本の女性や夫婦に対する偏見が見て取れる。

 記事は、「多く人が日本に対して抱く印象には、桜の美しさ、日本製品の質の高さのほかに、日本の女性の性質がある。ネット上では、日本の女性を嫁にとることは非常に幸せなことだ、なぜなら日本の女性は柔和で知性があり勤勉だからだ」と紹介した。

 そのうえで、日本の女性は結婚後に夫を前に立て、夫の言うことに従うとともに、外出する際には常に夫の一歩後ろを歩く、その際に顔見知りとあっても夫よりも先に話をしてはならないなどと説明。さらに、夫が家を出るとき、家に帰ってくるときには必ず玄関で送り迎えをし、靴の着脱を手伝わなければならない、食事の時も夫が食べ始めるまで手を付けてはいけないといったルールがあると伝えた。

 また、結婚した日本の女性は自身の仕事のキャリアを捨てて家庭に重心を置き、夫と子どもの面倒を見る主婦になるのだとした。そして、「総じてみると、日本の女性は確かに非常に賢いのだが、一方で日本における女性の地位が高くないことも見て取れるのだ」と評している。

 日本において、女性の地位が男性より低いと感じられる部分は確かにまだ多く存在する。とはいえ、記事が紹介するような「妻は常に夫の後ろに立ち、自らのキャリアを捨てて夫や子どものために尽くす」というような考え方はさすがに前時代的と言わざるを得ない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)