トイレ大国・日本で、トイレを巡る奇妙な議論が起きていた!=中国メディア

トイレ大国・日本で、トイレを巡る奇妙な議論が起きていた!=中国メディア

中国のしゃがみ式トイレはドアのほうを向いて利用するのが常識である。日本人にとっては最初は抵抗が大きいが、ドア側を向いていれば誰かに襲われたり物を奪われたりする心配は確かに少ない。(イメージ写真提供:123RF)

 中国のネット上では、「日本の公衆トイレはみな温水洗浄便座」といったような情報がまことしやかに流れているが、現実はもちろんそんなことはない。シンプルな洋式水洗トイレは言うまでもなく、しゃがみ込む和式トイレもまだまだたくさん存在する。中国メディア・東方網は6日、日本のネット上で以前、和式トイレを巡る奇妙な議論が起きていたことを紹介する記事を掲載した。

 記事は、「日本のトイレは座る洋式としゃがむ和式に分かれる。日本のしゃがむトイレの特徴は、壁側に半円のドームがついていることだ。そして、多くの人がこのトイレを利用する際、このドーム側を向くのである」とし、ドアに向かってしゃがむ中国スタイルとは異なることを伝えた。

 そのうえで、ある日本のネットユーザーが「もともとはドーム状の部分に着物を引っ掛け、汚れるのを防いでいたのだから、ドーム側を向いて用を足すのは本来間違った方法である」と主張したことを紹介。さらに、「水がたまる部分に便が落ちず、便器にこびりつきやすい。ドアを背に向けてしゃがむのは安全ではない」といった理由を並べたとしている。

 そして、現代の日本人の常識を覆すような主張に対して多くのネットユーザーから「話を聞くと確かにその通りかも」、「ずっとしゃがむ方向を間違えていたようだ」といった賛同意見が次々と寄せられたとする一方、大手トイレメーカーからは「ドーム側を向いてしゃがむのが正しい」「どの向きでするにしても、大切なのはきれいに使うこと」という回答が得られたと紹介した。

 中国のしゃがみ式トイレはドアのほうを向いて利用するのが常識である。日本人にとっては最初は抵抗が大きく、ドアが壊れている時、あるいはそもそもドアがない時には人が通るたびに顔を合わせて気まずい思いをすることになる。ただ、ドア側を向いていれば誰かに襲われたり物を奪われたりする心配は確かに少ない。そういった点では、ドア側を向くのは理にかなっているのかもしれない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)