一体どうやって・・・「日本人は中国人を見分けているって本当?」=中国メディア

一体どうやって・・・「日本人は中国人を見分けているって本当?」=中国メディア

中国メディアは、日本を訪れる中国人旅行客が増加し続けるなか、多くの中国人客は、「中国人であることを日本人に見抜かれている」ことに驚くという。(イメージ写真提供:123RF)

 日本人と中国人は同じアジア人として、外見的な差異はほとんどないと言えるだろう。しかし、行動や振る舞いを見ていれば、日本人と中国人を何となく見分けることができるという人は少なくないのではないだろうか。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本を訪れる中国人旅行客が増加し続けるなか、多くの中国人客は、「中国人であることを日本人に見抜かれている」ことに驚くと伝え、日本人はどうやって日本人と中国人を見分けているのだろうかと疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、日本人が中国人を見分けることができるのは、それだけ日本人と中国人に「違い」があるためだとし、まず1つめに「声の大きさ」を挙げた。日本では他人の迷惑になるような大きな声で話すのはマナー違反と見なされると伝える一方、中国では声が大きいのは何ら問題のないことであると指摘したほか、日本人から見ると中国人は「声が大きいだけでなく、振る舞い方も粗雑に見えるらしい」と伝えた。

 さらに、日本人と中国人では「審美眼」が異なっており、特に男性の髪型に顕著に現れると指摘。中国の男性はこざっぱりとした短髪を好むが、こうした髪型は近年の日本ではあまり見られないため、髪型でも見分けることができるようだと紹介した。さらに、中国人旅行客は両手に買い物をした荷物を持って歩いていることがあり、これも爆買いで知られる中国人ならではの光景として認識されていると伝えた。

 記事は、旅行で日本を訪れたならば「郷に入りては郷に従え」の精神が大切になると主張。なぜなら多くの日本人は中国人の行動や振る舞い方を通じて「日本人か中国人かを見分けている」と伝えつつ、それだけ日本人は「中国人を見ている」ためだと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)