日本車が世界で成功した秘訣を探ってみよう!=中国メディア

日本車が世界で成功した秘訣を探ってみよう!=中国メディア

中国メディアは、「世論がどう変化しても、日本車は総じて致命的な影響を受けない。一方で韓国車は中国で低迷している。どちらも合弁企業なのに、どうして韓国車は日本車ほど売れないのか」と伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は7日、日本車が中国をはじめとする世界各地で成功している秘訣について考察する記事を掲載した。

 記事は、「世論がどう変化しても、日本車は総じて致命的な影響を受けない。一方で韓国車は中国で低迷している。どちらも合弁企業なのに、どうして韓国車は日本車ほど売れないのか」としたうえで、日本車や日本のメーカーが持つ独特の魅力についていくつかの点から説明している。

 まずは、地域ごとに「特別仕様車」を設定する点である。同じ車種であったとしても、日本人の好みと欧州人の好みが必ず一致しないとし、米国版、アジア版、中東版など各市場ごとに特徴の異なるモデルを設定していると紹介。「大きな自然吸気エンジンを好む米国の消費者には相応のエンジンを積み、SUVが大好きな中国向けには中国生産のSUV車を設定する。市場が変化すれば、日本車も速やかに製品の方向性を調整するのだ」とした。

 続いては、維持コストが低いこと。燃費の良さに加えて、メンテナンスの利便性が考慮されているために、他国車よりもメンテナンスにかかる時間や必要なツールが少なくて済むと説明。消耗品の在庫も豊富かつ廉価で手に入りやすいとした。また、中古車としての価値が下がりにくいという点も日本車に人気が集まる理由の1つだと伝えている。

 さらに、信頼性の高さとして、自動車メーカーと部品供給業者の繋がりが非常に強いため、部品の質に対する保証があるうえ、自動車の部品に問題が起きた時も安心して新しい部品に交換することができるとした。

 そして、最後に挙げたのは、メーカーごとにブランドの差別化を図っていることだ。「スズキは省エネ型の小型車、マツダはドライビング体験を重視し、ホンダは技術の先進性を大切にして、トヨタは中庸の道を進むとともに信頼度を重視する。総じて、ブランドの位置づけが重なっていないのである」と論じた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)