列に並ぶ行為をめぐる考え方の違い「日本旅行で2回並び、2回とも同胞に割り込まれた」という中国人も=中国

列に並ぶ行為をめぐる考え方の違い「日本旅行で2回並び、2回とも同胞に割り込まれた」という中国人も=中国

中国メディアは、、「日本人は列に並ぶことを熱愛している」と紹介した。(イメージ写真提供:123RF)

 初めて日本旅行に来た外国人は、日本のきれいさと礼儀正しさに驚く人が多いが、中国人旅行者は日本人がよく列に並ぶことにも驚くようだ。中国メディアの今日頭条は12日、中国人旅行者による手記を掲載し、「日本人は1人でも並ぶ」とする記事を掲載した。

 記事はまず、「日本人は列に並ぶことを熱愛している」と紹介。駅でもエレベーターでもレストランでもどこでも列を見かけるため、そう感じたようだ。最近では中国でも都会を中心に列に並ぶ習慣ができてきているといわれるが、隙があれば横入りする人も後を絶たない。

 ではなぜ、日本人は「列に並ぶのが大好き」なのだろうか。筆者は観察の結果、「そういう社会になっている」と分析した。電車のホームには線が引いてあり、レストランで待つ場合は入り口で名前を書けば、順番になると呼んでもらえるシステムになっている。また、列が長くなり店の外にまで伸びると、従業員が列を誘導し最後尾には看板を掲げることもあると紹介。日本ではいかに列が生活の一部になっているかを伝えた。

 また、日本では「一人ひとりがルールを守る自覚を持っている」とも分析。ルールを重視する日本人は、無理強いされなくても各自が進んで列に並ぼうという意識があるようだ。筆者は中国との違いについて、「中国では並ばせるのに鉄の柵が必要だが、日本ではロープ1本、あるいは地面に線1本を引くだけできれいに並ぶ」と感心している。実際、中国では強制的に並ばせるようなシステムが多い。

 筆者は日本旅行中、あちこちで列を見て驚いたり感心したりしたそうだが、帰国の間際に思いがけず「横入り」してしまったという。バスの停留所で1人しか待っていなかったため、無意識にその人の前に立ったところ、注意されて驚いたとしている。2人しかいなくても順番を守るのが日本人と言えるだろうが、筆者は度が過ぎていると感じたようだ。

 この記事に対して寄せられたコメントを見ると、ほとんどが日本の習慣を称賛し中国の民度にがっかりするという内容だった。ある中国人ユーザーは、日本旅行で2回並び2回とも中国人に割り込まれたという経験を紹介している。日本のような列に並ぶという習慣は中国人にとってはなかなか難しいことのようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)