日本は週末を過ごす場所に・・・日本のリゾート地が気軽な行き先に?=中国メディア

日本は週末を過ごす場所に・・・日本のリゾート地が気軽な行き先に?=中国メディア

中国メディアは、「2019年は中国人にとって日本を旅行するのに絶好の年となる」と予想する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 2018年に日本を訪れた外国人旅行客の数は初めて3000万人を超えたが、そのうち中国からの旅行客は800万人を上回った。中国メディアの今日頭条はこのほど、「2019年は中国人にとって日本を旅行するのに絶好の年となる」と予想する記事を掲載した。

 2020年の東京五輪は中国人観光客の増加につながると容易に予想できるが、記事は「19年は別の要因から中国人にとって日本を訪れるうえでの絶好の年となるだろう」と予想した。理由の1つは、「ビザ取得が緩和されること」を挙げ、学生や過去3年間に個人で旅行ビザを2回以上取得したことのある人が対象となることを指摘した。また、日中を結ぶ航路を持つ複数の航空会社が航路を新設、また増便をすることも大きな促進力となると主張。

 記事は、この2つの要因から「日本を訪れる中国人旅行者の目的が、これまでとは大きく変化することになるだろう」と独自の予測を立てている。それは、一部の中国人にとって「日本は週末を過ごす場所」へと変化し、たびたび足を運ぶ新たな目的地になるのではないかというものだ。

 続けて、すでに「コト消費」へと目的が変化している中国人に対して、「早めに計画をして予約をすれば、お得なだけでなくより快適に過ごせる」として、日本で週末を楽しむのに最適な場所を具体的に紹介。それは日本人も週末にゆっくりと過ごしたり、目的を持って遊びたいと思うような温泉のあるリゾートホテルやテーマパークで、中国人にとって日本のリゾート地がより気軽な行き先になる可能性を感じさせる。

 ビザの緩和がすべての中国人に恩恵をもたらすわけではないが、「日本が週末に訪れる新たな目的地」へと変化する可能性は興味深いものだ。「一度日本を訪れると、また訪れたくなってしまう」という中国人は多く、ビザ緩和が今後の訪日客数にどのような影響を与えるか期待したいところだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)