日本のトイレにあるゴミ箱に「使用済みのトイレットペーパーを入れちゃダメ」=中国

日本のトイレにあるゴミ箱に「使用済みのトイレットペーパーを入れちゃダメ」=中国

中国メディアは、日本と中国には異なった習慣が存在しているゆえ、ガイドの助けがない個人旅行で日本を訪れる場合には特に注意が必要であると強調している。(イメージ写真提供:123RF)

 近年の経済発展とブームにより、日本を訪れる中国人は増加している。また、最近ではわざわざ桜の花を見に日本を訪れる中国人も多いという。日本と中国は非常に近い距離にあるものの、その文化や習慣には違いがあり、日本を訪れた中国人が戸惑うことも多くあるようだ。

 中国メディアの捜狐は25日、日本の女性用トイレに設置してあるゴミ箱には使用済みのトイレットペーパーを捨ててはいけないことを紹介する記事を掲載し、「日中の習慣の違いに気をつけるように」と読者に伝えている。

 記事はまず、近年日本を訪れる中国人が増加しているが、日本の文化や習慣は中国から持ち込まれたものが多いため「親近感」を感じることに加え、日本のすばらしい接客や日本人の民度の高さに多くの中国人が引き寄せられていると紹介。だが、日本と中国には異なった習慣が存在しているゆえ、ガイドの助けがない個人旅行で日本を訪れる場合には特に注意が必要であると強調している。

 記事が紹介した注意点とは、女性用トイレに設置してあるゴミ箱であり、「そのゴミ箱には使用済みのトイレットペーパーを入れてはいけない」と注意喚起した。日本のトイレットペーパーは水に溶ける紙であるため、便器に流しても問題ないと紹介している。

 では、中国ではどのような習慣があるのだろうか。近年では中国のトイレットペーパーも水に溶ける素材で製造されていて、便器に流しても問題は起きにくくなったが、以前は水に溶けにくい紙であったことに加え、下水管も細く詰まりやすかったため、個室内にゴミ箱を設置して使用済みのトイレットペーパーはそのゴミ箱に捨てることが習慣となっていた。今でもその習慣が体に染み付いている中国人も多く、公衆トイレの個室にはゴミ箱が設置してある光景を目にすることがある。

 今後しばらくは多くの中国人が日本を訪れることが予想されている。来日前にある程度日本の文化や習慣について理解しておけば、恥ずかしい思いをせず旅行を楽しむことが出来るだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)