中国人留学生は一体どんな時に「日本に染まってしまった」と感じるの?=中国メディア

中国人留学生は一体どんな時に「日本に染まってしまった」と感じるの?=中国メディア

中国メディアは、女性の留学生に見られる変化は、「外出するときにいちいち化粧をするようになること」だと指摘した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本と中国では人びとの習慣や考え方は大きく異なるものだが、やはり中国人も日本で長く暮らすと日本の習慣や文化に「染まってしまう」のだという。中国メディアの捜狐はこのほど、日本で学ぶ中国人留学生たちに見られる「変化」について紹介する記事を掲載し、日本の習慣に慣れてしまうと「中国に帰国した際に戸惑ってしまうほど」だと伝えている。

 記事がまず挙げたのは、女性の留学生に見られる変化で、それは「外出するときにいちいち化粧をするようになること」だと指摘した。中国ではスキンケアはしても、メークはほとんどしないという女性が多く、すっぴんで外出することも厭わない人が多い。だが、日本ではすっぴんで人前に出ることを嫌う女性が大半であり、すっぴんは相手に失礼という考え方もある。こうした考え方は中国人留学生にも「伝染」し、化粧嫌いだった中国人女性もしっかりと化粧するようになるのだという。

 次に挙げたのは、お辞儀に関する習慣だ。中国での生活では基本的にお辞儀をすることはないが、記事は「日本における礼儀作法において、お辞儀は基本」であるとし、日本で長く暮らしていると、中国人学生であっても「電話中ですらお辞儀をするようになる」と強調した。

 また、英語の発音が「日本式」になってしまうこと、地震が発生しても「全く慌てなくなる」こと、「ありがとう」、「すみません」という言葉が口癖になってしまうのも、日本で長く暮らすことによる「変化」であるとした。

 さらに、日本では自動車と歩行者であれば「歩行者優先」であることがしっかりと根付いているため、横断歩道を渡る際などに左右を確認しなくても問題ないと主張、こうした習慣が身についてしまうと、歩行者に道を譲ってくれる車は少ない中国に帰国した際に危険な思いをすると指摘している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)