日本の道路がまっ平らで、中国の道路がつぎはぎだらけな理由=中国メディア

日本の道路がまっ平らで、中国の道路がつぎはぎだらけな理由=中国メディア

中国メディアは、現代では大部分の国でアスファルト舗装の道路が主流になるなかで、日本の道路は平らで整っている一方で中国の道路は新たに舗装してもすぐにつぎはぎだらけ、穴だらけになってしまうとした。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は29日、「同じアスファルト道路なのに、どうして日本の道路は平らで、中国の道路はつぎはぎだらけなのか」とする記事を掲載した。記事によれば、それは技術的な差だけでなく工事の「計画性」にあるという。

 記事は「道路の様子を見れば、その都市や国の発展レベルをうかがい知ることができる」としたうえで、現代では大部分の国でアスファルト舗装の道路が主流になるなかで、日本の道路は平らで整っている一方で中国の道路は新たに舗装してもすぐにつぎはぎだらけ、穴だらけになってしまうとした。

 そして、日本の道路補修技術は確かに中国よりも先を行っており、路上に発生した穴や窪みを逐一記録したうえで補修を行い、その補修も可能な限り新しく敷設された道路と同じような路面状況とすることが重要視されていると伝えた。

 また、大規模な面積の道路補修を行う際には、あらかじめ路面状況に基づき道路全体の補修設計プランを打ち出したうえで実際の作業を開始し、古い路面を撤去後に新しいアスファルトを入れて何度も繰り返しプレスすることで、色の違いを除けば既存の道路と段差や質の違いがないように舗装されると説明した。

 一方で中国における路面の補修については「あちらを壊して直す、今度はこちらを直す」といった具合で、短期間のうちに何度も一部を掘り起こして再舗装する状況が発生してしまい、「見たところ、非常に計画性や統一性が感じられない」と評している。

 日本でも幹線道路では大型車が頻繁に往来することで路面が少々割れていたり、タイヤが通る部分だけやや凹んだ状況になっていることがある。また、タイヤチェーンの仕様により傷んでいる道路も少なくない。ただそれでも日本を訪れた中国人には、日本の道路は平らで中国のように凸凹ではないという印象を抱く人が少なくないようだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)