日本の鉄道を利用すれば分かる「細やかな配慮に中国人は感動する」=中国メディア

日本の鉄道を利用すれば分かる「細やかな配慮に中国人は感動する」=中国メディア

中国メディアは、中国の鉄道と比較すると日本の鉄道にはいたるところに「細かな配慮」があり、中国人はそれに感動すると論じる記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本の大都市には非常に発達した地下鉄網が存在するが、外国人の観点からすると「複雑すぎる」ようにも映るらしい。2020年の東京五輪に向け、海外からのゲストにも解り易いサインや路線図の見直しが進められているが、中国メディアの捜狐はこのほど、中国の鉄道と比較すると日本の鉄道にはいたるところに「細かな配慮」があり、中国人はそれに感動すると論じる記事を掲載した。

 世界では多くの都市に地下鉄が存在しているが、日本の鉄道は運賃形態の異なる複数の鉄道会社が相互に乗り入れるという独特の複雑さがある。また、利用客の数も多いことから「日本の地下鉄が人の流れをスムーズにするために行っている細かな努力」は、中国人にとっても興味深く感じるとしている。

 記事は、中国の北京や上海、そして東京の地下鉄の路線図を並べて比較するだけでも、「日本の地下鉄の路線図はその鮮やかさに目がくらむ」とし、どのようにして東京の地下鉄はラッシュ時の利用客の流れをさばいているのか分析した。記事はいくつかの点を指摘しているが、「両方向から進入できる自動改札機」は人の流れが滞らないことに大きく寄与していると主張。また、「人の流れが交差する場所に鏡が設置されており、人同士が衝突することを避けられるように工夫している」と指摘した。

 最も大きく異なるのは、「中国では改札口付近にX線を使った手荷物検査の器械に荷物を通す必要があるが、日本の駅にはない」ので、人の流れを格段にスムーズにさせていると驚きを示した。他にも、「空港からの路線を走る車両にはスーツケースを置くための区画が用意されていて非常に便利だった」と、乗客の便宜が考えられた設計には感動を覚えたと感想を述べている。

 近年中国人の間では個人旅行で日本を訪れ、日本で様々な体験をしようと考える人が増えている。地下鉄をはじめとする公共交通機関に乗ることも日中の違いを知る1つの貴重な体験となることだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)