日本人の高い防災意識、まるで1人1人がみんな消防隊員のようだ=中国メディア 

日本人の高い防災意識、まるで1人1人がみんな消防隊員のようだ=中国メディア 

中国メディアは、防災や安全に対する教育の重視と、安全対策への注力が日本国内の防災減災能力を高めているとした。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は3日、日本人の消防教育について「みんながアマチュアの消防隊員になっている」とする記事を掲載した。

 記事は、日本は地震や台風などの自然災害が頻繁に発生する環境にあるため、国民が高い防災意識を持っていると紹介。そして、防災や安全に対する教育の重視と、安全対策への注力が日本国内の防災減災能力を高めているとした。

 そのうえで、日本の防災教育は幼いころから行われ、自分の身を守り危険から逃げる能力のみならず、社会に対する責任感も培われるのだと説明。小学校では火災などの災害が発生した時にどうやって身を守るかといった内容を中心とした防災教育が行われており、子どもたちの興味や関心を高めるために、さまざまな工夫も凝らされているとした。

 その例としてまず、救助を呼ぶ際に発する声の大きさを競うコンテスト形式の試みを紹介。子どもたちが音量測定器の前で「火事だ、助けて!」と叫び、大きな声で叫べた子どもを表彰すると伝えた。

 また、地域の消防隊には定期的に開放日が設けられており、学校が児童を引率して消防署を訪れ、消防隊員による実演を見たり、防災に関するレクチャーを聞いたりする行事を実施すると紹介している。

 さらに、火災の体験車や体験室を使い、実際に少量の煙を発生させて子どもたちに実際の火災に近い状況を体感してもらい、火災発生時の避難方法について学んでもらう機会もあるとした。

 記事は、日本の防災教育では特に突発的な事態においても冷静さを保てる心を培うことに重きが置かれているとし、災害発生時に落ち着いて行動できるように各種の避難訓練が定期的に行われているのだとも伝えた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)