え? 日本人は着物を着て花見をしないって? 失望する中国人も=中国メディア

え? 日本人は着物を着て花見をしないって? 失望する中国人も=中国メディア

お花見が日本の文化であることは中国でも広く知られているが、中国メディアは、「お花見に関する中国人の大きな誤解」について紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 春を迎え、日本では各地で桜が満開を迎えている。桜を楽しむ「お花見」は近年、台湾や中国でも人気が出始めており、家族や友人と桜を鑑賞し、一緒に写真を撮るなどして楽しんでいる。お花見が日本の文化であることは中国でも広く知られているが、中国メディアの快資迅は5日、「お花見に関する中国人の大きな誤解」について紹介する記事を掲載した。

 桜が咲く時期を迎えると訪日中国人が増加するように、日本を訪れた際には「桜の名所で花見を体験したい」と願う中国人は多い。記事は「お花見は日本の文化の1つである」と指摘し、中国人は桜と一緒に写真を撮ることを好むが、「日本人は桜の下で食事を楽しむことを好む」という違いがあると主張。そして「日本のお花見はコミュニケーションを深めることが主な目的で、家族や友人以外にも多くの会社は毎年恒例の行事として花見を行っている」と説明した。

 このように日中のお花見の仕方は異なるゆえに、日本で初めて「日本式のお花見」を目にした中国人は大きな衝撃を受けるという。なぜなら、中国人のなかには「日本人は着物を着て桜を楽しんでいる」と誤解している人が少なからず存在し、「日本の桜の名所には着物姿の人がいなかった」と失望するためだという。

 記事は、日本人にとって「お花見は野外活動の一つで、互いに打ち解けるための交流の場でもあるので、正装の着物で参加する活動ではない」と説明。それゆえ、日本のお花見会場で着物姿でいるのは「主に日本のお花見を誤解している中国人だ」と指摘し、「日本の風土や文化を体験すべく、自分では正しいと思い込んで着物姿でお花見をしている」とした。

 中国の桜の名所でこのほど、和服のような装いの男性が警備員に取り押さえられるという事件が起きたが、これも「日本人は着物を着てお花見をする」という誤解が過敏な反応をもたらしたのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)