日本は中国王朝の「従属国」だったと言えるのか? 答えは・・・=中国メディア

日本は中国王朝の「従属国」だったと言えるのか? 答えは・・・=中国メディア

中国メディアは、「日本は古代中国の従属国だったと言えるのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 古代中国の歴代王朝はいずれも極めて強大な力を持っていて、周辺国に大きな影響を及ぼした。中国王朝を宗主国とした従属国は多く存在したが、日本と古代中国の関係はどのようなものだったのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本は古代中国の従属国だったと言えるのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、日本は「いつ中国への従属から脱したのか」という疑問を投げかけると同時に、この疑問に対する答えは「日本は中国の歴代王朝から政治的な支配を受けたことは一度もなく、歴代王朝の従属国ではなかった」と指摘し、日本も歴代王朝に従属する意思を示したことは一度もないと論じた。

 続けて、日本は遣隋使を派遣し、朝貢する一方で、随王朝に対して「平等」な立場を要求し、平等な往来を要求したと指摘。さらに、推古天皇が隋の皇帝に送った文書でも自らを「天皇」と称し、あくまでも隋の皇帝と対等の立場であることを強調していたと指摘。天皇とは中国語で言えば「天を統治する皇帝」の意味であり、ここからも隋に従属する意思は見られなかったと判断すべきだと論じた。

 その後、元王朝が日本に攻め入ろうとしたが2度にわたって失敗したと紹介。明の皇帝は元寇の失敗を受け、日本を「征服しない国」として定め、日本と貿易を行うようになったと指摘。この時の日本からの朝貢はあくまでも形式的なものであり、明と貿易するのが目的でしかなったと指摘し、その後も日本は中国王朝から政治的な支配を受けることはなかったため、従属国となったことは一度もないと指摘した。

 記事は、日本は古代中国から様々な文化や制度を導入したと指摘する一方、中国王朝を「崇拝」していたとは言えないと指摘し、文化的にも従属国ではなかったと主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)