日本にはなぜ中国のように「手がつけられない悪ガキ」がいないのか=中国メディア

日本にはなぜ中国のように「手がつけられない悪ガキ」がいないのか=中国メディア

中国メディアは、「熊孩子は生まれながらにして熊孩子だというわけではない」とし、日本で熊孩子を見かけないのはしっかりと「しつけ」や「教育」を行なっているためだと強調した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国では長きにわたって一人っ子政策が実施されてきた。子どもが1人しかいなければ、父親と母親、そして4人の祖父母の愛情はその子だけに集中することになるが、その結果として厳しいしつけを受けることなく、甘やかされて育った子が多く存在する。

 このような子どもは中国で「熊孩子(ションハイズ)」と呼ばれる。日本風に言えば「悪ガキ」といった意味合いだが、悪ガキという言葉では表現しきれないほどわがままで、手がつけられない子も多いと言われている。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本にも悪ガキはいるであろうが、中国ほど見かけるわけではないと伝え、「なぜ日本では中国のような熊孩子をほとんど見かけないのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、「熊孩子は生まれながらにして熊孩子だというわけではない」とし、日本で熊孩子を見かけないのはしっかりと「しつけ」や「教育」を行なっているためだと強調。日本人は家庭内の教育を大切にしていて、「社会のルールを子どもに教えることは親の役目であり、責任である」と考えていると紹介した。

 さらに、日本では「親に常識があってこそ、常識ある子に育てることができる」、「子どもの振る舞いを見れば親がどのような人かが分かる」と考えられているとし、日本人は「子ども」であることを言い訳に、礼儀やマナーの教育をおそろかにすることはないと強調。子どもの躾ができていないことは、日本では「不名誉」なことなのだと伝えた。また、日本人の親は自分の子どもがルールやマナーに反した行いをした際にはしっかりと怒り、また他人の子であっても注意すると紹介し、こうした共通認識があるからトラブルが起きることも少なく、社会全体として子どもを躾ける環境が構築されると指摘した。

 日本では公共の場で子どもが騒ぐなど、他人に迷惑をかける行為をしたら、叱ってやめさせる親が多いだろう。だが、中国では子どもが好きなようにさせている親が多いのが現状だ。何をしても怒られない、咎められないとなれば、子どもたちが「熊孩子」になってしまうのもごく当たり前と言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)