日本人は食中毒を恐れていないのか? 日本では鶏卵を生で食べられる理由=中国メディア

日本人は食中毒を恐れていないのか? 日本では鶏卵を生で食べられる理由=中国メディア

中国メディアは、中国では日本人が鶏卵を生で食べることはよく知られていると紹介し、日本人は生卵を食べて食中毒になることを恐れていないのかと問いかけた。(イメージ写真提供:123RF)

 中国ではもともと生食の文化がないため、食材を生で食べることに抵抗を感じる人は多いが、「生卵」を口にするのは特に強い抵抗を感じるという。中国メディアの快資迅はこのほど、「日本人は鶏卵を生で食べることを、こよなく愛している」と伝えつつ、日本では鶏卵を生で食べても問題ない理由を紹介する記事を掲載した。

 記事は、中国では日本人が鶏卵を生で食べることはよく知られていると紹介し、過熱しない卵を口にすることは「生臭さを連想させる」と伝えつつ、さらに怖いのは「食中毒」だと主張し、日本人は生卵を食べて食中毒になることを恐れていないのかと問いかけた。

 しかし、よく考えて見ると日本にはもともと卵以外に魚や肉の刺身など「生食の習慣」があり、卵掛けご飯は日本人の誰もが知る「定番の朝ごはんとなっている」と指摘。続けて、日本人がサルモネラ菌による食中毒を恐れずに生卵を口にすることができる理由ついて「中国とは異なる卵の流通管理体制がある」と説明した。

 心配されるサルモネラ菌は「鶏の感染か、鶏の糞便から殻に付着して増殖する場合がある」が、日本では「養鶏場の衛生管理が徹底し、出荷される卵はすべて洗浄と殺菌が施され、生産日と生食で食べられる期限が印字されるばかりか、生産者を追跡することも可能」と指摘。中国では、一般的に卵は山積みされて量り売りされているので、欲しい数をビニール袋に入れて値段を付けてもらって購入する。洗浄されておらず、生産日は知る由もないので、せめてひび割れが無いかを自分で確認するしかできない。

 このように、生卵を食べる習慣がない中国は卵の衛生管理が日本ほど厳しくないので、「卵を食べる際はしっかりと過熱しないと危険」とされている。確かに中国で安易に生卵を口にすれば食中毒の危険性は避けられず、中国人が「日本人は生卵を食べて食中毒になることを恐れていないのか」と不安になるのも頷ける。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)