え? 美味しい中華料理にも「日本人にとっては受け入れ難い」料理もあるらしい=中国

え? 美味しい中華料理にも「日本人にとっては受け入れ難い」料理もあるらしい=中国

中国メディアは、「日本人が受け入れられないと感じる中華料理」という主題の記事を掲載し、「食べてから判断して欲しい」と伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

 世界3大料理の1つである中華料理では様々な食材が使用され、その調理方法も多種多様だ。また、地方ごとに特産品を活かした料理も存在するが、なかには日本人にとっては「受け入れ難い」料理も存在している。中国メディアの快資訊は1日、「日本人が受け入れられないと感じる中華料理」という主題の記事を掲載し、「食べてから判断して欲しい」と伝えた。

 記事はまず、日本の食文化のなかには中国からもたらされたものもあると伝え、たとえば「米を主食にすること」や、「様々な麺料理」がそれに該当すると主張。だが、中国人からすれば「非常に美味しい」と感じられる料理であっても、日本人にとっては「受け入れ難い中華料理」が存在しているのも事実と紹介した。では、どのような料理が日本人には受け入れ難いのだろうか。

 まず、記事は「豚の脂身の煮込み(トンポーロー)」を紹介し、日本料理の味付けは非常に薄味であるため、日本人にとってトンポーローは非常に脂っこい料理で「くどい」と感じられるようだと主張した。また、「臭豆腐」は豆腐が発酵した独特の臭気がするため、日本人を含めた多くの外国人に受け入れられない料理であると指摘した。

 続けて、四川省で食べられている料理である「豚の脳の煮込み」を挙げた。口当たりは非常に滑らかで美味だとしながらも、日本人どころか中国人であっても受け入れられない人がいる料理であるのは事実と紹介した。中国の鍋料理は「火鍋」と言われ、火鍋の食材としても豚の脳みそは提供されていて、食べた感じは魚の白子に似ている。

 記事では詳しく紹介されていなかったものの、中国人にとっては受け入れられない日本料理も数多く存在している。「納豆」は大豆を納豆菌で発酵させた食べ物だが、独特の臭いがあるため食べられない中国人は多い。また、「刺身」は食材を生で食べたことのない中国人からすれば、鮮度は保たれているのか、また寄生虫は大丈夫なのかと心配になるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)