老後の生活を比べてみると、日本と中国には想像以上に文化的な違いがあった!=中国メディア 

老後の生活を比べてみると、日本と中国には想像以上に文化的な違いがあった!=中国メディア 

中国メディアは、中国の老後の生活を日本の生活と比べたところ、大きな違いがあることに気づいたと紹介した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は25日、日本と中国で老後の生活を比べてみたところ、思ったよりも大きな差があることが分かり、両国の文化的な差を感じたとする記事を掲載した。

 記事は、「どの国にもそれぞれ異なる文化があり、それは日本と中国という2つの国の間でも例外ではない」としたうえで、中国の老後の生活を日本の生活と比べたところ、大きな違いがあることに気づいたと紹介した。

 まず、中国では60歳で定年退職となり、仕事から離れて家庭に戻ることがはっきり規定されているとし、定年を迎えた人たちは広場や公園で中国将棋や麻雀、ダンスに興じたり、孫やペットと散歩をしたりと悠々自適な生活を送ると伝えた。

 これに対して日本では定年退職の年齢が65歳、さらには70歳にまで伸びているうえ、これらの年齢に達した後も引き続き働くことも可能であり、中国のように半ば強制的に家庭に帰されることはないとしている。

 また、中国とは異なり、日本の高齢者はわが子の生活や人生にあまり多くの口を挟むべきではないという考え方を持っているほか、自らも子どもの世話になることに消極的であり、可能な限り経済的な自立を保とうとすると紹介。一方中国では親の面倒を少しでも見なければ周囲から「あいつは親不孝者だ」と白い目で見られるとし、こういった点から「日本と中国の文化的な差はかなり大きいということが見て取れる」と評した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)