日本人の食習慣は「あっさり」だと思ったら大間違い・・・「こってり」「あっさり」の両極端だった!

日本人の食習慣は「あっさり」だと思ったら大間違い・・・「こってり」「あっさり」の両極端だった!

中国メディアは、日本のサラリーマンと何回か昼食を一緒にした中国人の感想を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は9日、日本人の食生活は「あっさり」と「こってり」の両極端であるとする記事を掲載した。
 
 記事は、「日本に数日間出張していたある日,近隣に住んでいるサラリーマンも良く利用するという食堂に入って食事をした」としたうえで、食事の内容を紹介。主食はお茶碗1杯の白いごはんで、これにみそ汁や焼き魚、冷ややっこなどが配され、さらには、ごはんにかけるための生卵も出されたと伝えた。

 そして、生卵について「予想外なことに、生臭さが全くせず、ごはんと一緒に食べるとわずかな甘みさえ感じるのだ。食べなれないためにちょっとドキドキしながらも間食した」とした。また、ボリュームが中国人の感覚からすると少々物足りず、「すぐにお腹が空いてしまうような感覚」だったと紹介するとともに、日本に細身の人が多い理由について「みんなあっさりとした食事をしているからだ」と考察している。

 記事はその一方で、別の日に別の食堂で昼食をとったところ、その食事の内容を見て「日本人の食べ物は本当に極端だ。ものすごくあっさりしているか、ものすごくこってりしているかのいずれかだ」という考えに至ったと紹介。ランチで出される定食には揚げ物などの油っこい物が多く、少々胃もたれするような内容だったと伝えた。

 素材の味を生かす、あっさりした味付けというイメージがある日本の食文化だが、そのイメージを根底から覆す、ガッツリ系の食べ物も枚挙に暇がない。とんかつや背油のたっぷり乗ったようなラーメンを食べた中国人観光客は特に「日本の食べ物はあっさりとこってりの両極端だった」と認識を新たにすることだろう。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)