発想力の豊かさは素晴らしい・・・日本で生まれた斬新なアイスの食べ方に、中国人が注目

発想力の豊かさは素晴らしい・・・日本で生まれた斬新なアイスの食べ方に、中国人が注目

中国メディアは、バニラアイスに梅酒をかけて食べるという大人な食べ方が、日本で人気を集めているとする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 暑さが本格化してくるこれからの季節、食べたくなるのが各種のアイスクリームだ。昨今ではさまざまなフレーバーのアイスクリームを楽しむことができるが、トッピングをしたり別の食材を合わせたりするなら、オーソドックスなバニラアイスがぴったりだ。中国メディア・東方網は9日、バニラアイスに梅酒をかけて食べるという大人な食べ方が、日本で人気を集めているとする記事を掲載した。

 記事は、「夏には冷たいお菓子がよく売れる。中でもアイスクリームはみんなが大好きだ。しかし、日本にはおそらく中国国内にはないであろうアイスクリームの食べ方が注目されている」としたうえで、「梅酒バニラアイス」の存在を紹介した。

 この「梅酒バニラアイス」について記事は、「材料はもちろんバニラアイスと梅酒だが、日本人の発想力の豊かさは素晴らしいと言わざるを得ない。この大人の味のアイスクリームが出現するな否や、日本国内で人気沸騰したのだ」と説明している。

 また、この「梅酒アイス」は居酒屋などの店で提供され始めたものだが、バニラアイスと梅酒を買って来て自分で作ることもできると説明。もともと甘酸っぱい梅酒の味わいと、クリーミーなバニラアイスとの相性はぴったりであり、間違いなくおいしいはずだと評した。

 記事は、日本ではもともと梅酒がお酒の中でも高い人気を誇っていることから、アイスクリームに梅酒をかけるというアイデアも自ずと生まれてくるのだと紹介。この大人のスイーツを知った中国のネットユーザーからも「食べるとやっぱり普通にお酒を飲んだときと同様に酔っぱらってしまうのだろうか」など興味を示す声が出ているとした。

 梅雨の時期を迎えると、梅の木にたくさんの梅の実がなり、青果店などでは梅干し用や梅酒用の青梅が並び、芳しい香りを放つ。大人限定の楽しみではあるが、「梅酒アイス」はまさにこの時期にぴったりのスイーツと言えそうだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)