なぜだ! 日本は地震が多発するのに家屋が倒壊しない理由=中国メディア

なぜだ! 日本は地震が多発するのに家屋が倒壊しない理由=中国メディア

中国メディアは、日本は地震が多発する国ではあるが、地震で家屋が倒壊することは非常に少ないと伝えつつ、その理由を紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国は日本ほど地震が頻発する国ではないが、四川省や青海省など大きな地震が発生する地域も存在し、こうした地域では地震のたびに建物が倒壊し、建物の下敷きになって多くの死傷者が出る。中国メディアの捜狐はこのほど、日本は地震が多発する国ではあるが、地震で家屋が倒壊することは非常に少ないと伝えつつ、その理由を紹介する記事を掲載した。

 記事は、多くの中国人にとって地震は「非常に恐ろしい天災」として認識されていることを紹介する一方、日本は地震が多発するプレート上に存在する国でありながら地震に対して「しっかりとした備え」をしていて、ちょっとくらいの地震ではビクともしない家屋がある国も存在すると紹介した。

 続けて、日本の家屋が中国の家屋のように地震で倒壊しないのも「備え」があるためであり、倒壊しないための対策を行っているからだと強調。まず日本の家は中国の伝統的家屋のように「レンガ」で作られることはなく、耐震性の高い木材が多用されることを紹介。また、コンクリートが使用される場合はコンクリート内部に鉄筋を入れるなどの耐震構造を取り入れていることを紹介し、地震で倒壊しないからこそ、がれきの下敷きになって死傷する人も少なくて済むのだと強調した。

 また、日本では建築基準法という法律で耐震基準を定め、しかも、その基準は大きな地震があるたびに改善されていると強調。耐震偽装などが発覚すれば、業者は厳しく処罰されることになることを紹介し、こうした法執行のもとで日本人の生命や財産は地震から守られているのだと指摘した。

 記事は、地震から建物の倒壊を防ぐのは簡単なことではなく、建物の構造はもちろんだが、地盤なども含めて総合的に考える必要があることだと強調する一方、日本の地震に対する備えは中国が参考とすべきものであり、また、「日本人が地震に真面目に向き合い、減災に真剣に取り組んでいる態度も学ぶべきものである」と伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)